Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

北朝鮮の脅威はミサイルだけでなく、ハニートラップならぬプリンストラップも!?

   

Sponsored link

北朝鮮のミサイル問題は、世界が直面する恐るべき脅威です。
アメリカのドナルド・トランプ大統領がどのような行動に出るかと、日本を始め世界が戦々恐々としています。

その前に、一人、非常に元気で強気なリーダーがいます

それが、北朝鮮の「金正恩」です。


2016年、北朝鮮は弾道ミサイルの発射を16回も行いましたが、これは2015年の約3倍になります。
北朝鮮のミサイルの精度はどうか、狙った所に正確に撃てるのかなど、そんなことは実は関係がないのです。
北朝鮮が撃つぞと言って、どこへ飛んでいくかわからないミサイルの方がむしろ脅威だったりするのです。

もっと驚くべきことがあります

北朝鮮の弾道ミサイルには、秋葉原の電化製品やゲーム機器の部品が使われているという話があるのです。

中国人観光客が増えて、爆買いがニュースになったりします。
実はその中に、北朝鮮の工作員、あるいは北朝鮮からのエージェントが紛れていて、本来北朝鮮には輸出できない電化製品を買っているということも言われているのです。

ミサイル問題を世界から非難されてもやめられない理由としては、北朝鮮の台所事情があります

北朝鮮が世界に向けて輸出できる製品でまともな物はほとんどありませんが、国家経済の収入の約25%は「弾道ミサイル」で稼いでいます。

この弾道ミサイルを中東諸国などに売ることで、その利益を国家の経済にあてているのです。
世界に向けて「うちのミサイルはこういう風に飛びますよ」とアピールする一面もあるのです。

収入源はミサイルだけではありません

北朝鮮にある巨大な銅像です。

平壌市内にも、金日成・金正日の銅像が建っていますが、これほど大きな銅像を建てる国は他の国では見られません。
アフリカのセネガルには、高さ49メートルの「アフリカ・ルネサンスの像」を建てましたが、この銅像は世界一です。

Sponsored Link

しかし、北朝鮮の最も怖いものは何だと思いますか?

それは【ハニートラップ】に代表される色仕掛けの戦術です。

日本の政治家の中でも、北朝鮮のハニートラップに引っ掛かってしまい、今までの政策を転換したという話もあります。
ターゲットの好みを調べ上げ、「ど真ん中のタイプ」の女性を送ってくるのです。

アメリカでは、ビル・クリントン大統領の時代、ずいぶんと北朝鮮寄りになりました。
そしてハニートラップだけではなく、独身女性に近づく【プリンストラップ】というものがあります。

韓国の朴槿恵大統領を操っていたとされるチェ・スンシル氏


このチェ被告には、愛人がいたと言われています。

その愛人を別れさせたのが、実は北朝鮮の工作員だったというのです。
北朝鮮の工作員の仕業とは知らずに、チェ被告の愛人だった男性がヤケになり嫉妬にかられて、朴槿恵大統領とチェ被告との間のやりとりを漏らした、ということも言われています。

果たして2017年は…

2017年は、金正恩氏のおじいさんにあたる金日成国家主席生誕105年、そして金正日総書記の生誕75周年、さらには金正恩氏が最高指導者に就任して5周年、という記念の年になります。
北朝鮮は、記念日や記念の年に暴れることがあります。

したがって、2017年は北朝鮮が何かをやらかす可能性があるということなのです。
あなたは信じますか?
[出典:2016年12月23日放送、「やりすぎ都市伝説 2016冬 4時間SP」]

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ごめんで済まない警察の大失態!

本当にあった!警察の大失態 普段、街の安全を守ってくれる警察官。 でも、彼らだっ …

スクールカウンセラーは子どもたちの本音を引き出す「通訳者」

誰にも言えない悩みを抱えている思春期の子どもたち。 SOSを出しているのに、周囲 …

【壮絶ルポ】シングルマザー を狙う「ろくでもない男」たち

やむを得ない事情でシングルマザーとなり、頑張って女手一つで子どもを育てている人は …

毒親とは絶縁しなさい!!その特徴と対処法まとめ

今、毒親がまじヤバい 毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干 …

【池上彰が語る】 世界から戦争がなくならない本当の理由

池上彰の提言:なぜ世界から戦争がなくならないのか? 世界から戦争がなくならない本 …

北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入する

北朝鮮、ミサイルより恐ろしいのは「浸透工作員」だった に続く第2弾です。 今回は …

あなたが思うほど「孤独」は悪くない

とかく日本では「孤独」をネガティブに捉えがちですが、『極上の孤独』の著者・下重暁 …

富山の学習塾が作った「片山学園」はどうやって頭の良い子を育てているのか

富山の片山学園は学習塾が作った中高一貫校で、東大合格者3名など難関大学の合格者が …

弁護士が見た「泥沼不倫」ベスト3

泥沼不倫【第3位】 不倫を認めさせたい妻と、絶対に認めない不倫女の戦い 50代の …

北陸新幹線開業!その光と闇 ルート地図料金ダイヤ停車駅情報

東京・金沢間北陸新幹線 開業日の切符全国で一斉発売 25秒で完売! 北陸新幹線が …