Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

完璧主義の女性「子どもといると苦痛になる」

      2018/05/10

Sponsored link

何でも完璧にやらないと気が済まない「完璧主義」の性格のため、子どもといることが苦痛になる女性の話です。

子供といると苦痛に…「完璧主義」の性格、出産後に異変

4/14(土) 13:53配信

■産後うつ:1

「これは明らかにおかしい」

大阪府八尾市の看護師大井愛美(おおいあみ)さん(35)は、自分の心の異変をはっきりと自覚した。
次男(8)の出産から1カ月が過ぎた2010年2月のことだった。

育休中だったため、自宅でずっと当時2歳だった長男(10)と向き合っていた。
まだまだ手が掛かる時期だということは頭ではわかっていた。
でも、ご飯を食べてくれず、寝る時間になっても寝てくれない。
そんな息子を見ていると、まるで針が振り切れたようにイライラが募った。

異変はその2年前、長男を出産した時にも起きた。
ちょうど産後1カ月ごろ、実家に帰って泊まっていたとき、夜中に長男のおむつを替えた。
たまたま通りかかった実父がつぶやいた。

「またおむつを替えているのか」

「私がいけないっていうの!」

激しい口調で食ってかかった。
父に他意がないのは頭ではわかっていた。
しかし、どうしても抑えきれなかった。
涙があふれ、止まらなくなった。

Sponsored Link

その時は、それで済んだ。
育児の忙しさの中で、気持ちの乱れは落ち着いていった。
だが、次男を産んだ今回は、自分をコントロールできない異常な感じが、日に日にひどくなっていった。

1カ月後、とうとう長男と目を合わせられなくなり、一緒にいるのが苦痛になった。
夫(36)が帰宅すると2人の子どもを押しつけるように預けて、自転車であてもなく出かけた。
とにかく独りになりたかった。

何事もきちんとやらなければ気が済まない「完璧主義」。
自分の性格は、何となく理解していた。
産休と育休で仕事をしていない間は、せめて家事はこなさなければいけない。
なのに、長男のしつけすら満足にできない。
そんな自分が嫌になった。

ふと不安になった。
これは病院に行くべきではないか。
そう思う一方で、踏み切れない理由もあった。
長男と同じように、次男も母乳で育てたい。
診療を受ければ、薬をのむことになり、母乳で育てられなくなるかも――。
気になって、病院に足が向かなかった。(田之畑仁)

[出典:子供といると苦痛に…「完璧主義」の性格、出産後に異変(朝日新聞デジタル)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000051-asahi-soci ]

真面目な人ほど完璧にやりたいという思いが強いですが、子育てなんて失敗の連続です。
「いい加減」「適当に」を心がけてもらいたいものです。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

東大に入ってわかった「貧富の差」より「地域格差」が深刻なワケ

北海道の釧路市から東京大学に入学し、地域格差を実感したという話です。 「底辺校」 …

日本の未来は明るくない、という話

「未来の年表」著者の河合雅司氏が、続編の「未来の年表2」を刊行しますが、その一部 …

毒親とは絶縁しなさい!!その特徴と対処法まとめ

今、毒親がまじヤバい 毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干 …

no image
過激化してテロに走る「インセル」と呼ばれるアメリカの「非モテ」

インセルと呼ばれる「非モテ」の人たちが、今のアメリカでテロを引き起こしていると言 …

水槽に入れると金魚が死ぬ毒入り中国製割り箸! 日本では97%が中国製という驚愕の事実が判明

  以前から、中国産の食品はへんな臭いや味がして、気になっていた方も多 …

弁護士が見た「泥沼不倫」ベスト3

泥沼不倫【第3位】 不倫を認めさせたい妻と、絶対に認めない不倫女の戦い 50代の …

あなたの職場にも!?身近に潜む「マイルド・サイコパス」

「マイルド・サイコパス」という言葉はあまり聞いた事がありませんでしたが、実は身近 …

発達障害の子は「僕、死ねば分かってもらえたのかな」とつぶやいた

本人の努力では如何ともし難いことを要求するのは酷なことです。 障害とはそういうも …

逮捕者まで出したナンパセミナーは詐欺師の「コンプレックス商法」だった

ナンパの仕方を教える「ナンパセミナー」がありますが、結局は詐欺師の「コンプレック …

「思春期の男の子はすぐ溶ける氷のような存在」息子が自殺した母の言葉

思春期の子どもたちが自殺する話を聞くたびに辛くなります。 先生の指導がきっかけで …