Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

完璧主義の女性「子どもといると苦痛になる」

      2018/05/10

Sponsored link

何でも完璧にやらないと気が済まない「完璧主義」の性格のため、子どもといることが苦痛になる女性の話です。

子供といると苦痛に…「完璧主義」の性格、出産後に異変

4/14(土) 13:53配信

■産後うつ:1

「これは明らかにおかしい」

大阪府八尾市の看護師大井愛美(おおいあみ)さん(35)は、自分の心の異変をはっきりと自覚した。
次男(8)の出産から1カ月が過ぎた2010年2月のことだった。

育休中だったため、自宅でずっと当時2歳だった長男(10)と向き合っていた。
まだまだ手が掛かる時期だということは頭ではわかっていた。
でも、ご飯を食べてくれず、寝る時間になっても寝てくれない。
そんな息子を見ていると、まるで針が振り切れたようにイライラが募った。

異変はその2年前、長男を出産した時にも起きた。
ちょうど産後1カ月ごろ、実家に帰って泊まっていたとき、夜中に長男のおむつを替えた。
たまたま通りかかった実父がつぶやいた。

「またおむつを替えているのか」

「私がいけないっていうの!」

激しい口調で食ってかかった。
父に他意がないのは頭ではわかっていた。
しかし、どうしても抑えきれなかった。
涙があふれ、止まらなくなった。

Sponsored Link

その時は、それで済んだ。
育児の忙しさの中で、気持ちの乱れは落ち着いていった。
だが、次男を産んだ今回は、自分をコントロールできない異常な感じが、日に日にひどくなっていった。

1カ月後、とうとう長男と目を合わせられなくなり、一緒にいるのが苦痛になった。
夫(36)が帰宅すると2人の子どもを押しつけるように預けて、自転車であてもなく出かけた。
とにかく独りになりたかった。

何事もきちんとやらなければ気が済まない「完璧主義」。
自分の性格は、何となく理解していた。
産休と育休で仕事をしていない間は、せめて家事はこなさなければいけない。
なのに、長男のしつけすら満足にできない。
そんな自分が嫌になった。

ふと不安になった。
これは病院に行くべきではないか。
そう思う一方で、踏み切れない理由もあった。
長男と同じように、次男も母乳で育てたい。
診療を受ければ、薬をのむことになり、母乳で育てられなくなるかも――。
気になって、病院に足が向かなかった。(田之畑仁)

[出典:子供といると苦痛に…「完璧主義」の性格、出産後に異変(朝日新聞デジタル)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000051-asahi-soci ]

真面目な人ほど完璧にやりたいという思いが強いですが、子育てなんて失敗の連続です。
「いい加減」「適当に」を心がけてもらいたいものです。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入する

北朝鮮、ミサイルより恐ろしいのは「浸透工作員」だった に続く第2弾です。 今回は …

ロシア人スパイの日本人妻は、北朝鮮「スパイ術」で日本の警察をかく乱した

「北朝鮮工作員」にされてしまう在日朝鮮人の若者たちに続く第5弾です。 ロシア人ス …

東大に入ってわかった「貧富の差」より「地域格差」が深刻なワケ

北海道の釧路市から東京大学に入学し、地域格差を実感したという話です。 「底辺校」 …

「北朝鮮工作員」と知らずに14年間一緒に暮らした日本人女性と3人の子供たち

北朝鮮工作員はタバコを買いに来る感覚で日本に潜入するに続く第3弾です。 北の工作 …

日本の未来は明るくない、という話

「未来の年表」著者の河合雅司氏が、続編の「未来の年表2」を刊行しますが、その一部 …

痴漢冤罪に気をつけろ!! by ねほりんぱほりん

痴漢えん罪経験者 偶然居合わせた男女の身体が、否応なしに密着してしまう空間、満員 …

今後の地震予想・予知・発生確率 全国地震動予測地図 2014年版

2014年度全国地震動予測地図発表【地震調査委員会】 今後30年以内に、震度6弱 …

高齢の親の年金目当てに虐待する息子・娘から逃げて老人ホームに避難

生活が苦しい40、50代の息子娘が親の年金をあてにし、払わなければ虐待される高齢 …

「民泊」が出会いの場として利用される闇

「違法民泊」に独りで泊って体当たりの取材を続けるジャーナリストの吉松さんが、民泊 …

弁護士が見た「泥沼不倫」ベスト3

泥沼不倫【第3位】 不倫を認めさせたい妻と、絶対に認めない不倫女の戦い 50代の …