Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

坂本龍馬暗殺の真犯人は「あの人だった!?」

   

Sponsored link

坂本龍馬暗殺の真犯人は!?

2016年に発見された1枚の写真。
それは、新撰組三番隊隊長・斉藤一(さいとう・はじめ)を捉えた貴重な一枚。

[画像出典:huffingtonpost.jp]

この斉藤一が、坂本龍馬暗殺の鍵を握る人物ではないかというのです。
東京大学・本郷和人先生が、坂本龍馬暗殺の犯人と考える3つの説がこちら。

【京都見廻組】説

【京都見廻組】……京都の治安を守るため、反幕府勢力を取り締まる警察組織で、武士のみで構成された。
定説では、【京都見廻組】が坂本龍馬暗殺の犯人となっています。

明治になって「龍馬を殺した」と自首をした人が、実際に罪に問われました。
しかし、自白がコロコロ変わり、斬った方法が龍馬の死体検分と違うのです。

その人物とは【京都見廻組】の今井信郎。
人を殺しておきながら、わずか2年で釈放されました。

本郷先生曰く「自白の矛盾や釈放を考えると、【京都見廻組】説は可能性は低いのではないか」と。

【紀州藩】説

紀州藩と龍馬は「いろは丸事件」でつながりがあります。
「いろは丸事件」は、1867年に龍馬が、紀州藩に裁判で賠償金(約150億円)を請求した事件です。

龍馬に恨みを持った紀州藩が暗殺を企てたと、動機としては充分ですが、本郷先生は「紀州藩も犯人ではない」と。
紀州藩は、龍馬を暗殺する前に賠償金を払っていて、普通なら賠償金を払わないために暗殺するはずで、お金を払ってから暗殺するのはないだろうと。

【新撰組三番隊隊長・斉藤一】説

本郷先生曰く「新撰組三番隊隊長・斉藤一」が実行犯ではないか。
新撰組は、京都で幕府を倒そうとする人を取り締まった武装集団です。

斉藤一が実行犯ではと考える、有力な3つの根拠があります。
第一に、斉藤一は龍馬なみの剣豪でした。
龍馬は、最大勢力「北辰一刀流」の免許皆伝を受けている剣の達人で、一方の斉藤一は、新撰組の天才剣士・沖田総司に勝るとも劣らない凄腕の剣士だったと言われています。

第二に、龍馬暗殺の犯人は左利きでした。
龍馬が襲われて亡くなった際、額に横一文字の傷が残されていたと言われています。

Sponsored Link

龍馬と同じ目線で刀を横向きに抜いた証拠です。
この傷をつけるためには、龍馬と向かい合って座っていたことになります。

右利きで剣の達人・龍馬に傷をつけるのは難しい、というのです。
刀を置く時には右側に置くのが武士の常識であり、友好の意味です。

逆に左に置く事は無礼であり、敵意を表します。
刀を右側に置いても相手を斬る事ができるのは、左利きの人ということになります。

武士の家に生まれると、子どもの時から右利きに矯正されます。
左手で食事をしたら、その場で斬られるんだとか。

武士は右利きじゃないとダメ、近藤勇も沖田総司も右利きです。
しかし、斉藤一だけは「何流」なのかわかりません。

下手をすると我流なのでは。
斉藤一が得意なのは「左片手一本突き」で、それで左利きだったのではと言われています。

しかし、斉藤一には龍馬暗殺の動機がありませんでした。
本郷先生曰く「暗殺には『黒幕』が存在した」と。

それは、薩長同盟で信頼関係を築いた「西郷隆盛」ではないかと言うのです。
新時代の第一歩を踏み出したはずの大政奉還でしたが、ここから二人の意見が分かれていったのだと。

二人の意見の違いとは何でしょうか?

西郷隆盛は、幕府の勢力を全て武力で倒したいと考えていました。
そうじゃないと「時代が変わったことを実感できない」と。

坂本龍馬は、「外国に対抗するために内戦はやめて、みんな仲良くしよう」と。
ここで路線が分かれてしまったというのです。

二人の進む方向が変わった事が、事件の発端になったのではないかと本郷先生は考えます。
西郷率いる薩摩藩は、倒幕の考えを持って新撰組から分裂した「御陵衛士」という組織を支援していました。

なんと、そこに「斉藤一」がいたのです。
これは、あくまで本郷先生の仮説です。
[出典:2017年1月24日放送の「林修の今でしょ講座」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 歴史 ,

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日本史 VS 世界史の珍事実

日本史 VS 世界史 知られざる意外な事実 小型犬・ターンスピットの仕事とは? …

スキャンダル日本史「エリート文豪・永井荷風がハマった「禁断の趣味」林修 初耳

スキャンダル日本史「エリート文豪・永井荷風がハマった「禁断の趣味」林修 初耳 エ …

動物園を100倍楽しむ雑学・豆知識

動物園を100倍楽しめる知識ベスト5 生物学・池田清彦先生による、動物園を100 …

嘘の噂が招いた史上最悪の大パニック

噂話が現実になった「豊川信金事件」 インターネット上に氾濫する≪偽の情報(フェイ …

今日使える雑学~小江戸川越熊野神社 足踏み健康ロード

川越熊野神社が参道につくったものとは? ”人気観光地で発見!風変わりな参道” 埼 …

今日使える雑学~妊婦さんの神!!ママサポートタクシー

妊婦さんをサポートするためのタクシーがある 福岡県北九州市には、あるお客さん専用 …

今日使える雑学~まるでカミ!!心優しいデザイナー 古堅ちひろのペーパージュエリー

紙からつくられる女性にやさしいものとは? ”紙100% 女性にやさしい新アイテム …

今日使える雑学~バスの運転席にある『ニーリングボタン』の秘密

問題です!このボタンを押すと、バスはどうなるでしょう? ”発見!バスに隠された秘 …

意味を知れば 『へのかっぱ』日本語おもしろ語源豆知識 

時代とともに生まれ変わる日本語 へのかっぱ 「へのかっぱ【屁の河童】」とは、「容 …

【感動】飛び降りるか餓死か!? 120mの断崖絶壁でカオジロガン雛鳥の決断

生後数日のヒナに課された究極の選択 グリーンランド東部にあるスピッツベルゲン島・ …