Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

日本を侵略する最恐生物とは!?

   

Sponsored link

≪日本を侵略する最恐生物≫」やりすぎ都市伝説SP 2017年 夏

静岡大学講師・加藤英明プレゼンツ「日本を侵略する最恐生物」

日本の脅威となっている外来生物の侵略

加藤さんは、静岡大学で日本の自然や生態系を守る研究をしています。
その加藤さんが、今最も脅威に感じているのが「外来生物の侵略」だといいます。
恐ろしいのは、その現状を、多くの人が知らないし気づいていないということです。

外来生物「セイヨウオオマルハナバチ」

例えば、西洋のハチ「セイヨウオオマルハナバチ」が日本に侵入しています。

seiyouoohanamarubachi
[出典:セイヨウオオマルハナバチ Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81]

セイヨウオオマルハナバチ(西洋大丸花蜂、Bombus terrestris)は、昆虫綱・ハチ目(膜翅目)・ミツバチ科に分類されるマルハナバチの一種。
ヨーロッパ原産で、日本には外来種として野外に定着している。

分布
ヨーロッパ原産。
日本やオーストラリアなどに移入分布している。

形態
体長は女王バチで18-22mm、働きバチで10-18mm。
マルハナバチ共通の特徴である丸っこく、毛むくじゃらな体は本種も同じである。
胸部と腹部は黄色と黒色の縞模様で、腹部第5節から先端までが白く、日本ではこの「真っ白なお尻」が他のマルハナバチ類と本種とを区別するための大きな特徴となる。
北海道東部に生息する在来種のノサップマルハナバチの働きバチに姿がよく似る。
女王バチ・働きバチ・雄バチいずれも斑紋に違いはない。

[出典:セイヨウオオマルハナバチ(Wikipedia > https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81 ]

これはもともとヨーロッパ原産のハチで、農家のハウスのイチゴとかトマトの花の受粉をしてもらう目的で、わざわざ外国から輸入しました。
ハウスの中に放しておくと、人間が出入りすることで逃げ出してしまい、それが野外に飛び出し、とんでもないことをしているのです。

「日本のハチを襲って、巣ごと乗っ取ってしまう」「さらには、花の横をかじり、蜜を奪ってしまう」
それゆえ、植物は受粉をすることができなくなり、その数はどんどん減っていきます。

外来生物「カミツキガメ」

kamitukigame

[出典:カミツキガメ Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%A1]

カミツキガメ(Chelydra serpentina)は、爬虫綱カメ目カミツキガメ科カミツキガメ属に分類されるカメもしくはその総称。

分布
C. s. serpentina ホクベイカミツキガメ
アメリカ合衆国(中部から東部にかけて)、カナダ南部
C. s. acutirostris ナンベイカミツキガメ
エクアドル、コスタリカ、コロンビア、ニカラグア、ホンジュラス南東部
C. s. osceola フロリダカミツキガメ
アメリカ合衆国(フロリダ半島)
C. s. rossignoni チュウベイカミツキガメ
グアテマラ、ホンジュラス中西部、ベリーズ西部、メキシコ(ベラクルス州中部からユカタン半島基部にかけて)

[出典カミツキガメ(Wikipedia > https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%84%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%A1 ]

1980年代に、アメリカから大量に輸入され、その目的は「ペット」です。
赤ちゃんのときは500円玉くらいの大きさですが、大きくなると甲羅の大きさ50センチ、体重は30キロを超えます。

Sponsored Link

飼いきれなくなったものは捨てられてしまい、野外で繁殖しています。
このカミツキガメは、南は沖縄から北は北海道まで、どんな環境でも適応できる「最恐のサバイバー」でした。

そして、その食性は「雑食」。
原産地のアメリカでは、ワニによって捕食され、数が増えないように抑えられていますが、日本にはワニがいませんよね。

そのためカミツキガメは、日本の川で天下を極めてしまいました。
このまま放置してしまうと、どんどんいろんなものを食べて、寿命を全うするまで繁殖して増えていきます。

調査をしている加藤さんでさえ何匹いるかわからないそうで、静岡だけで数千を超えてしまっているかも知れません。
千葉県でも繁殖していることが明らかになっていますが、その数は推定1万6000頭と言われています。

近い将来、日本はどうなるのか?

いろんな日本の生き物を食べていくでしょう。
まずは水辺の生き物で、それが減ってくるとお腹を空かして上陸します。
そして、作物を食べることもあるでしょう。

私たちの周りの環境で食べるものがなくなってきたら、仕方なくカミツキガメを食べるしかありませんね。
外食に行っても、「日替わりランチ、今日もカミツキガメ。明日もカミツキガメ」になると…。

将来、カミツキガメがこのまま増えていけば、日本の食だけではなく、文化さえも侵略されてしまうかも知れません。
こんな恐ろしい未来が間近に迫っているのです。
信じるか信じないかは、あなた次第です!
[出典:2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日使える雑学~業界別花形ポジション(駅長・警察・百貨店・スーパー)

業界別の花形ポジションを調査した件 「花形」……それは、華やかで人気のある人や物 …

教育・育児・子育ての悩みや疑問を解消する方法

教育・育児に関する悩みや疑問に答えます 父親が怒らず、母親ばかり怒っているけど大 …

スキャンダル日本史「総理大臣のゲス不倫史」林修 初耳

スキャンダル日本史「総理大臣のゲス不倫史」林修 初耳 歴代総理大臣の泥沼スキャン …

「捨てられない」から卒業するためのコツは!?

捨てられないモノが多くて、どんどんモノが溜まっていきます。 特に空き箱なんかは「 …

ぐんまちゃんは馬じゃない、ポニーだよ!ブログが人気の画像と動画

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」は13体あります! ぐんまちゃんは、子供から大 …

今日使える雑学~しょうゆの進化系 泡醤油(あわじょうゆ)のある暮らし

  京都で泡醤油が作られたやさしい理由とは? 京都で生まれた泡醤油(あ …

ネギトロ・むしょ・ビフテキ・割り箸の語源

「ネギトロ」の語源についての話 ネギトロとは、寿司ネタの一種である。脂身を多く含 …

依存症克服は早期発見が重要!

早期発見が重要!依存症の見分け方! やめたくてもやめられない「依存症」 依存症… …

死後の世界はあるのか!?その真相を科学的に検証する

「死後の世界はない」ということをあなたは証明できますか? 死後の世界は本当にある …

イライラする相手の話を聞く時の対処法

マイナス思考の人の話や批判的なネガティブな話って、聞いててとてもイライラします。 …