Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【世界が感動!!】妻の為に植え続けたシバザクラの秘密

      2017/02/24

Sponsored link

奥様を元気づけるために旦那様が10年かけてしたやった事さしい事とは?

”夫婦の愛に感動! 奥様へのやさしいプレゼント”

宮崎県新富町の黒木敏幸さん85歳と、奥様の靖子さん78歳のご夫婦が主人公です。

44 45

お二人は、1956年に結婚して以来、農業、酪農と、毎日休むことなく働いてきました。

明るい性格の靖子さんは、ご近所さんとお話をするのが大好き。

常に笑い声の絶えない家庭を築いてきました。

しかし、52歳になった靖子さんは、朝目が覚めると突然……

「見えん、何も見えん」

靖子さんは、糖尿病が原因で、突然視力を失ってしまいました。

生きる気力を失い、家に閉じこもるようになった靖子さん。

次第に夫婦の会話も減っていき、笑顔を見せることもなくなってしまいました。

48

そんな靖子さんの姿を見て、敏幸さんは考えます。

「何か人が来るようなことをすれば、話をするようになるんじゃないか」と。

「どうしたら妻が元気になってくれるだろうか?」敏幸さんは思い悩みました。

そんなある日、姉の家に行ったときのこと……

「へー、これはきれいだねえ」

それは、当時は珍しかった”シバザクラ”という花。

49

この花があれば庭が華やぐだろうと、敏幸さんは苗を少しもらって自宅に植えることにしました。

すると、その花が珍しくキレイと、近所の方が見に来るようになりました。

「花を増やせば、人がたくさん来て、靖子さんの話し相手が増える」

そう考えた敏幸さんは、杉林だった裏庭を一人で切り開き、毎日休むことなくシバザクラを植え続けました。

50 そして、シバザクラを植え始めて10年後……

51家の周りには、一面のシバザクラ!

54

このピンクの芝の絨毯を、敏幸さんはたった一人で、10年かけて、靖子さんのためだけにつくりだしたのです。

シバザクラの庭は地元で評判となり、現在では週末になると、全国からおよそ4000人が集まる観光スポットになりました。

55

自宅の庭に訪れる人々と話をする靖子さんの顔には、笑顔が戻っていました。

56

[出典:2016年4月19日 優しい人なら解ける クイズやさしいね]

Sponsored Link

 - 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ほんとにあったイイ話~マラソンランナー5人が同時にレースを棄権したわけ

新聞にも載った5人が同時にマラソンを棄権した理由とは 2016年2月 高知県で行 …

【感動】熱血・男気・黒田博樹!20億円の年俸を捨てた漢の物語

広島と言う小さな街に、僕を待ってくれる人がいる 広島東洋カープの黒田博樹投手は、 …

ジョアン・ミルン 人工内耳手術でアッシャー症候群克服!感動物語

音によって人生を変えた女性 現代のヘレン・ケラー ジョアン・ミルン(Joanne …

金メダリスト小平奈緒選手に結果を求めないで支えた相沢病院理事長の話

多くの感動を残した平昌オリンピック。 中でも、スピードスケート女子500メートル …

【感動】ゴルゴ松本 女子少年院で魂の授業

ゴルゴ松本 女子少年院で魂の授業 今回は女子少年院 少年院で言葉を熱く語る男、「 …

【感動】 ホルヘとウィリアム南米コロンビア双子物語

世界が報じた驚愕ミステリー・小説超えた衝撃事件! それは、南米コロンビアの若者た …

脱獄王スティーブン・ラッセルの実話がドラマチック過ぎる件

アメリカ 脱獄王の真実 IQ160 4度の脱獄 奇想天外な脱獄の手口とは!? & …

自閉症ラッパー ゴメスGOMESS『人間失格』歌詞に撃ち抜かれる

NOW、注目のラッパー!ゴメスGOMESSがキテる件 もちろんPVもすばらしいの …

【感動実話】自閉症児への奇跡の誕生プレゼント

全米が涙! 6歳の少年に、奇跡のサプライズ 6歳の誕生日 2015年2月8日、グ …

【感動】武蔵野美術大学の学生によるファンタジーなプロジェクト

武蔵野美術大学は、東京都小平市にある私立大学です。 1929年に、東京都武蔵野市 …