Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ストーカー事件とその対策

      2017/07/04

Sponsored link

ストーカー事情を大暴露!

行き過ぎた恐怖のストーカー事件

2014年のストーカーの被害件数は、過去最悪の2万2823件。2015年はわずかに減少したものの、それでも2万1968件もの被害が出ています。

2000年にストーカー規制法が出来たものの、年々事件は凶悪化、結果的に、被害者が殺されてから警察が動くという現実も・・・
そんななか、マスコミでは報道されない、行き過ぎた恐怖のストーカー事件が・・・

交際している男女の話。

嫌われて連絡が取れなくなり、連絡先もわからない、勤務先だけはわかっていて、車は止まっている・・・

どうにかして(男は)連絡を取りたいと思い、どうしたかというと、警察に逮捕してもらったそうです。

本当は、ストーカーする側が逮捕されるべきですが、被害者が逮捕されるように仕向けたと言います。

停車している(被害者の)車を利用して、あることをして、警察に連絡をしました。

どうしたと思いますか?

実は、覚せい剤を車の中に入れたのです!

ストーカー男性は、「駐車場なんですけれども、何か変なものがあるみたいなんですよ。ちょっと調べてもらえないですか?」と警察に電話。

覚せい剤をあえて選んだのには理由がありました。

裁判所はこう言っています・・・

「特別な理由とか説明がつかない限り、それはわざと持っていると推定する」

要するに、「有罪に推定する」

覚せい剤所持の場合、有罪になる可能性があります。

自分で買わなければ(覚せい剤は)ないだろう、人が(覚せい剤を)置いていくなんてことはまずないだろう、とても高いものだから・・・

そうすると、ほかにちゃんとした理由がない限り、たぶん、あなたがわざと(覚せい剤を)持っていたのでしょう。

逆に、自分が潔白だということを証明に近い形でやらないと有罪になります。

覚せい剤は、ストーカーに仕込まれたことを証明するのが難しい。

有罪になる可能性があります。

そのため、100パーセント拒絶している意志をストーカーに伝え、絶対に近づかせないようにすることが大切です。

さらに昨今、急増しているストーカー事件が!

Sponsored Link

ネット集団ストーカー

そもそもネットストーカーは、個人がインターネットを利用して、相手にしつこくつきまとう行為なのですが、集団になる新型ストーカーとは、どういうものなのでしょうか?

これは、インターネットだけでストーカーをしたのではなく、インターネットで協力者を募り、ストーカーをしたといいます。

元々、ある男性が女性と付き合っていて、ふられてしまい、なかなかあきらめきれない・・・

あきらめきれないけれども、ふられたので、好きな気持ちはあんまりなくなってきた・・・

そうすると今度は、好きだった気持ちが憎しみの気持ちになる・・・

通常、手紙を送ったら消印が付きますが、東京在住同志だったら東京なのかと言ったら、東京とか1ヶ所だけじゃなくて、それこそ大阪とか和歌山とか、色んなところの消印がついているのです。

なぜそうなったかというと、協力者がいたのです。

その協力者の人たちは、「私は復讐代行の会社なので、当社はあなたに対する復讐の依頼を受けましたので、これから復讐を始めます」というふうに、協力者は、復讐代行を装って、集団でストーカーをするのです。

具体的には、

「お前はこういうところで働いているだろう」

「いつか復讐してやる」

「ひどい目にあわせる」

そして、その被害者の方の妹にも、

「あなたのお姉さん、風俗で働いているんですよ」

「薬にも手を出しているんですよ」

など、家族とかにも送りまくって嫌がらせをしたのです。

協力者たちは別の目的が!

いったい、協力者たちは、何の目的で協力するのでしょうか?

インターネットで知り合った人同士で、当然お互い面識はありません。

「私はあなたのターゲットを攻撃します。あなたは私のターゲットを攻撃してください。」

お互いに復讐したい相手を交換し、協力しあってストーカー行為を繰り返したといいます。

ストーカーにはある共通点が!

自分の思いが強すぎて、思いのコントロールが出来ない・・・

自分の思いについてはすごく真剣なのですが、人の思いについてはかなり無頓着なのだそうです。

これをやられたらどう思うだろうかとか、そういうところが全然ない・・・

一番ストーカーのセリフで多いのは、「真意を確かめたかった」

本当の気持ちを知るためにつきまとい、家の中まで入って、「本当の気持ちを聞かせてくれ」(ストーカー)

「だから早く出て行けよ」(被害者)

「じゃなくて本当の気持ちを聞かせてくれ」(ストーカー)

そのあと凶悪犯罪に至ることもあれば、そのまま収まることもあると・・・

真意を確かめられるはずのない驚きの事件が!

交際している男女同志の話ですが、婚姻届にハンコを押すまでの仲になったのですが、ささいなことで喧嘩が絶えなくなり、最終的には別れることになりました。

男性は納得がいかず、復縁したいと思って、何度も押しかけて話をしようとしましたが、なかなからちがあかないので・・・

ペットボトルの中にガソリンを入れて、新聞も用意して、被害者の家に真夜中に向かいました。

被害者がいつまでたっても来ない・・・

持ってきたライターで(ガソリン入りのペットボトルに)火をつけて、その家に火をつけました。

ストーカーに対して、「絶対嫌いだ」「近寄るな」「連絡するな」と言ったところで、ストーカーは、それは真意じゃないだろうと・・・

「ガソリン持って確認しに行きますよ」とか、そういう話になってしまうそうです。

本当は話が通じるっていう前提では、動いてはダメだということです。

フジテレビ系ドラマ「ようこそ、わが家へ」で、

相葉雅紀さん一家が、「名無しさん」というストーカーと闘っていますが、いつ我が家で起こっても不思議ではないということですね。

 

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

今日使える雑学~大人進入禁止の洋菓子店がある風景 未来製作所

「大人進入禁止」にする理由とは? ”大人立入禁止の洋菓子店!?” 兵庫県三田市に …

あきらめないで!お金のトラブル返金相談は弁護士にお任せ!

あきらめないで!!弁護士に相談したら取り返せたお金ランキング 「あきらめないで! …

日本のテロ対策は万全なのか!?専門家が語る衝撃の事実

衝撃!遅れている日本のテロ対策 昨今、世界中で巻き起こっている凄惨なテロ。 いっ …

黒豆のゲン担ぎ、今と昔では何が違うの!?

黒豆のゲン担ぎが、今と昔で何が変わったのか!? 和食の盛り付けには、縁起を担いだ …

今日使える雑学~図書館にあるお年寄りが読みやすい本のひみつ

”図書館で増加中!読みやすい本” 文字を読みやすくするための工夫とは? 全国の半 …

テンパる人 テンパらない人

テンパる人 テンパらない人 パニックになった時、深呼吸は実は逆効果 パニックに陥 …

今日使える雑学~今どきの横断歩道に縦線がないのはなぜ?

  横断歩道の両側の線を無くしたやさしい理由とは? あなたは、横断歩道 …

多くのアルコール依存症患者が専門治療を受けていない理由

様々な依存症がありますが、適切な治療で改善されている人も多いです。 しかし、多く …

【感動】飛び降りるか餓死か!? 120mの断崖絶壁でカオジロガン雛鳥の決断

生後数日のヒナに課された究極の選択 グリーンランド東部にあるスピッツベルゲン島・ …

「月曜から夜ふかし」の心理テスト(ガッキー(新垣結衣)が挑戦)

月曜から夜ふかし恒例の心理テストに、ガッキーが挑戦した結果 思いつくあれこれを、 …