Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

たこ焼きを熱々で食べる人は「舌使いが上手い」(ホンマでっかまとめ)

      2018/01/24

Sponsored link

「ホンマでっか!?TV どっち派討論会!」(ホンマでっかまとめ)

たこ焼きを食べる時…「熱々で食べる派」「少し冷まして食べる派」のどっちが得でしょうか?
ゲストの大泉洋さんと志尊淳さんは「少し冷まして食べる派」。

大泉洋は心が狭くて共感能力がない

心理学的には「熱々で食べる派」が得です。
たこ焼きは、熱々で食べるのが当たり前の食べ物で、自分の口当たりばかり気にする大泉洋さんは、懐が浅く共感能力がない人間です(植木先生の見解)。

料理人は「一番美味しいだろう」という状態で出しているので、熱くて当たり前、丸い一口大の形状で熱々で出されるのは、「熱いうちに一口で食べてね」という思いがあると。
作り手の気持ちに共感して、その思いを汲み取ることが大事なので、出されたものを素直に食べましょうと。

人間だけが熱い物を食べる

脳科学的には「熱々で食べる派」が得です。
「少し冷まして食べる派」は「一言で言えば動物以下でしょうね」(澤口先生の見解)
動物のなかで熱い物を食べるのは人間だけです。

共感に関する脳領域は、痛みを感じることで活性化するので、熱いまま食べないと脳の共感能力が下がります。
「熱い」は「痛み」に近い感覚で、痛みは快感物質を出し、気分を高揚させるのです。
しかし、65℃以上の熱い物を食べ過ぎると「喉頭がん」になるリスクが高まりますから、熱い食べ物を口の中である程度自然に冷まし、飲み込む時には65℃以下にしましょう。

たこ焼きを熱々で食べる人は「舌使いが上手い」

マーケティング的には「少し冷まして食べる派」が得です。
大泉洋さんの大ファンだという牛窪先生。

牛窪先生曰く「さっきから懐が浅いだの目立ちたがりだの言ってますが、大泉さんはそういう人なんですよ」
そこが大泉さんの良い所で、そういう小っちゃい男っていう所がみんな好きなんです。

関西人はみんな、たこ焼きを冷ましません。
牛窪先生曰く「舌のテクニシャンなんですね」
熱さを感じるのは舌の先の方。
熱い食べ物が得意な人は、舌を器用に丸めているのです。

東京都内に在住する3000人に火傷の調査をしたところ、約半数が家の中で火傷の経験がありました。
そのうち、食べ物による火傷の経験者は「約9人に1人」でした。
その代表的な食べ物が「うどん・あんかけ・たこ焼き」で、そんな危険がいっぱいの食べ物を、なんでわざわざ危険を冒してまで熱々で食べるのかというのです。

………………………………………………

あなたは、好きな人の箸の持ち方が変だったら「引く派」「引かない派」のどちらですか?
ゲストの大泉洋さんとさんまさんは「引かない派」。

30~50代で箸を正しく使えている人は3割

マーケティング的には「引かない派」です。
目白大学が行なった8000人の調査では、箸を正しく使える人は30代で約3割、40~50代でも3割台という結果になりました。

しかも、これが年々減ってきていて、若い人たちは使えない人が多くなっています。
箸の持ち方に自信がない人たちも6割以上で、洋食が広まった時代以降、徐々に箸の持ち方を軽視するようになったからです。

大泉さんは「僕とは違う個性を持っている」と容認する派で、これを「ダイバーシティ」といい、自分と違う価値観を認めるということです。
これが職場でもすごく大事だと言われていて、「他者の価値観を柔軟に認める人」の方が出世している傾向にあります。

20~30代の女性が判断する「出世しなさそうな人」は、1位が「何かにつけてネガティブな人」、2位が「臨機応変な対応が出来ず、マニュアル通りの人」、3位が「自分のやり方が一番という考えを曲げない人」でした。

4歳前後に正しい箸の持ち方を学ぶことでIQが高くなる

4歳前後から正しい箸の持ち方を学ぶとIQが高くなります。

他人の箸使いに目がいく人は、うつなどの疾患になりにくい

「引く派」の方がメンタルが強く、他人の箸使いに目がいくぐらいの人の方が、メンタルヘルス・うつなどの疾患から遠いです。
気がついていても「引かないでおこう」という人は、葛藤を抱えてストレスになり、「引くなあ」と自分で思える人はストレスになりません。
[出典:2017年11月29日(水)「ホンマでっか!?TV」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

新しく出会った彼が「運命の人」かどうか見極めるには!?

日々いろんな人と出会っていると思いますが、もしかしたら「運命の人」に出会っている …

今日使える雑学~ソニー創業者 井深大が遺した素敵なプレゼント

ソニー創業者が、毎年2月に、家庭を持つ社員に向けたやさしいプレゼントとは? 今や …

今日使える雑学~千葉県館山/海底神社のある風景

千葉県館山市。 東京湾に面したこの地は、スキューバダイビングの隠れた人気スポット …

片頭痛はおやつで治る!!清水俊彦先生が教える『頭痛女子のトリセツ』

片頭痛持ちの人は毎日「3時のおやつを食べる」といい 脳神経外科医の清水俊彦先生は …

赤塚不二夫先生のおそ松くんバカボン伝説!!

天才バカボンを生んだ赤塚不二夫のちょっとイイ話 ギャグ漫画の王様、赤塚不二夫の型 …

重たい女子と思われる「送ってはいけない”ダメLINE”」とは!?

あなたは、好きな人にLINEするとき、どんな言葉を送りますか? 送ってから後悔し …

意味を知れば 『へのかっぱ』日本語おもしろ語源豆知識 

時代とともに生まれ変わる日本語 へのかっぱ 「へのかっぱ【屁の河童】」とは、「容 …

今日使える雑学~北海道愛別町 昼の花火はハッピーボーン!

北海道・愛別町で昼に打ち上げる花火のやさしい理由は? ”日本でここだけ!昼に打ち …

生まれてきてありがとう!!誕生日でわかるアナタの人生!?

誕生日で人生は変わるのか!? 秋生まれは100歳以上生きる人が多い!? アメリカ …

ストーカー事件とその対策

ストーカー事情を大暴露! 行き過ぎた恐怖のストーカー事件 2014年のストーカー …