Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

たこ焼きを熱々で食べる人は「舌使いが上手い」(ホンマでっかまとめ)

      2018/01/24

Sponsored link

「ホンマでっか!?TV どっち派討論会!」(ホンマでっかまとめ)

たこ焼きを食べる時…「熱々で食べる派」「少し冷まして食べる派」のどっちが得でしょうか?
ゲストの大泉洋さんと志尊淳さんは「少し冷まして食べる派」。

大泉洋は心が狭くて共感能力がない

心理学的には「熱々で食べる派」が得です。
たこ焼きは、熱々で食べるのが当たり前の食べ物で、自分の口当たりばかり気にする大泉洋さんは、懐が浅く共感能力がない人間です(植木先生の見解)。

料理人は「一番美味しいだろう」という状態で出しているので、熱くて当たり前、丸い一口大の形状で熱々で出されるのは、「熱いうちに一口で食べてね」という思いがあると。
作り手の気持ちに共感して、その思いを汲み取ることが大事なので、出されたものを素直に食べましょうと。

人間だけが熱い物を食べる

脳科学的には「熱々で食べる派」が得です。
「少し冷まして食べる派」は「一言で言えば動物以下でしょうね」(澤口先生の見解)
動物のなかで熱い物を食べるのは人間だけです。

共感に関する脳領域は、痛みを感じることで活性化するので、熱いまま食べないと脳の共感能力が下がります。
「熱い」は「痛み」に近い感覚で、痛みは快感物質を出し、気分を高揚させるのです。
しかし、65℃以上の熱い物を食べ過ぎると「喉頭がん」になるリスクが高まりますから、熱い食べ物を口の中である程度自然に冷まし、飲み込む時には65℃以下にしましょう。

たこ焼きを熱々で食べる人は「舌使いが上手い」

マーケティング的には「少し冷まして食べる派」が得です。
大泉洋さんの大ファンだという牛窪先生。

牛窪先生曰く「さっきから懐が浅いだの目立ちたがりだの言ってますが、大泉さんはそういう人なんですよ」
そこが大泉さんの良い所で、そういう小っちゃい男っていう所がみんな好きなんです。

関西人はみんな、たこ焼きを冷ましません。
牛窪先生曰く「舌のテクニシャンなんですね」
熱さを感じるのは舌の先の方。
熱い食べ物が得意な人は、舌を器用に丸めているのです。

東京都内に在住する3000人に火傷の調査をしたところ、約半数が家の中で火傷の経験がありました。
そのうち、食べ物による火傷の経験者は「約9人に1人」でした。
その代表的な食べ物が「うどん・あんかけ・たこ焼き」で、そんな危険がいっぱいの食べ物を、なんでわざわざ危険を冒してまで熱々で食べるのかというのです。

………………………………………………

あなたは、好きな人の箸の持ち方が変だったら「引く派」「引かない派」のどちらですか?
ゲストの大泉洋さんとさんまさんは「引かない派」。

30~50代で箸を正しく使えている人は3割

マーケティング的には「引かない派」です。
目白大学が行なった8000人の調査では、箸を正しく使える人は30代で約3割、40~50代でも3割台という結果になりました。

しかも、これが年々減ってきていて、若い人たちは使えない人が多くなっています。
箸の持ち方に自信がない人たちも6割以上で、洋食が広まった時代以降、徐々に箸の持ち方を軽視するようになったからです。

大泉さんは「僕とは違う個性を持っている」と容認する派で、これを「ダイバーシティ」といい、自分と違う価値観を認めるということです。
これが職場でもすごく大事だと言われていて、「他者の価値観を柔軟に認める人」の方が出世している傾向にあります。

20~30代の女性が判断する「出世しなさそうな人」は、1位が「何かにつけてネガティブな人」、2位が「臨機応変な対応が出来ず、マニュアル通りの人」、3位が「自分のやり方が一番という考えを曲げない人」でした。

4歳前後に正しい箸の持ち方を学ぶことでIQが高くなる

4歳前後から正しい箸の持ち方を学ぶとIQが高くなります。

他人の箸使いに目がいく人は、うつなどの疾患になりにくい

「引く派」の方がメンタルが強く、他人の箸使いに目がいくぐらいの人の方が、メンタルヘルス・うつなどの疾患から遠いです。
気がついていても「引かないでおこう」という人は、葛藤を抱えてストレスになり、「引くなあ」と自分で思える人はストレスになりません。
[出典:2017年11月29日(水)「ホンマでっか!?TV」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日本のテロ対策は万全なのか!?専門家が語る衝撃の事実

衝撃!遅れている日本のテロ対策 昨今、世界中で巻き起こっている凄惨なテロ。 いっ …

高田万由子と中澤裕子の大問題(「グサッとアカデミア」林修VS美女20人!)

高田万由子と中澤裕子の大問題(2018年3月8日放送「グサッとアカデミア」林修V …

人に優しい雑学クイズ ~ 〇〇に優しい爪切り・超ガードレール・小林製薬の秘密他

女の子が作った爪切りは誰のため? ある発明で日本一になった、現在 中学2年生の大 …

こんな女性は結婚に向いていない

キス顔の時、下唇が出る女性は結婚に不向き あなたは、キスをする時どんな顔になりま …

今日使える雑学~今どきの少女漫画恋愛マンガのジャンル 追いかける vs 愛される

恋愛マンガを買う女の子の為のやさしいジャンル分けとは? 「壁ドン」「アゴクイ」な …

物忘れを治す方法

泉ピン子さんの切実な悩み相談 70代の泉ピン子さんは、2010年に「物忘れを治す …

京都大学・鎌田浩毅教授の提言「読書を苦痛から楽しみに変える方法」

漫画ならすいすい読めるのに、活字だけって難しいですね。 そんな私みたいな読書苦手 …

『カロリーオフ』食べ続けると逆に太るとは!?

カロリーオフの食品ばかり食べ続けると、逆に太る!? カロリーオフの食品に使われて …

怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』

 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』だった 怪談の歴史をさかのぼると、江戸時代 …

花粉症対策!!8割改善 溝口徹先生が教える栄養療法

花粉症はある治療で「8割以上の人が改善」 栄養療法専門医の溝口徹先生 栄養療法と …