Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

新手のビジネス「別れさせ屋」で働く人妻

      2018/05/05

Sponsored link

「別れさせ屋」という仕事があるのをご存知ですか?
実際に別れさせ屋として仕事をした人妻のお話です。

「別れさせ屋」の工作員にスカウトされた美しき人妻(45歳)の冒険 2018.03.18

本橋 信宏 ノンフィクション作家

「不思議な依頼があったの」

「自分がまさか当事者になるなんて、思ってもみなかった」
人妻がついこの前、体験した冒険を告白した。

拙著ではページ数の都合で泣く泣く割愛した45歳の人妻で、鈴木京香に似ているのでここでは“京香”と呼んでおこう。
知り合ったきっかけは、人妻の生態をテーマにした週刊誌の座談会に招聘した奥さんの紹介だった。

日本海出身の京香は高校卒業後、都内の女子大に進学、大手金融会社に就職、バブル期で家賃が高騰し、仕事が終わると近所のスナックでアルバイトをはじめた。
そこで出会った客と京香いわく「ファジーな愛人関係」になり、家賃分を出してもらった。

転落はある日突然やってきた。
株投資をしている40代の客から、知り合いが宝石を購入したいのだけどカードが使えないので名義だけ貸してくれないか、と頼まれ、手数料5万円をもらって軽い気持ちでクレジットカードを貸した。

しばらくしてカードを借りた客の知り合いは姿をくらまし、残ったのは京香名義の借金300万円分だった。
紹介した客もグルだったのかいつの間に姿を消していた。

自分の恥だと思って警察にも訴えず、弁護士にも相談せず、自分名義の借金をこつこつ返しつづけた。
30代前半で2つ年上のサラリーマンと結婚、借金のことは黙っていた。

ファジーな愛人関係は複数いた。
そうでなければ借金返済できないからだった。

結婚してからは会計事務所のアルバイトと、渋谷の交際クラブに入会して愛人から1回3万円の小遣いをもらって、夫には内緒で借金返済にあてた。
つい最近やっと300万円分の借金を完済した。

交際クラブはやめず、今度は自分自身へのご褒美として愛人と交際中である。
その一方で夫とはいまだに新橋の「魚金」に通う夫婦仲であり、子どもは中学生になって手がかからない。
いまが一番自由を謳歌しているときだった。

「不思議な依頼があったの。聞いてください」
京香が私に相談をもちかけてきた。

「交際クラブから、70代の男性と会ってほしい、という依頼が入ったの。
男女の関係にならなくていいから、ちょっとしたお芝居を演じてほしいって。

工作員はもうひとりいるから、その工作員の女友だちということで男性と会ってほしいっていうの。
わかるかしら?」

「よくわからない」

「依頼者はその70代のおじいさんと同居している女性で、5年近く一緒にいるんですって。
束縛が強くてなかなか別れられない。

おじいさんのほうに突っ込まれるようなウイークポイントがあったら、それを理由に別れられるから。
おじいさんはいま、その女性工作員に夢中になっているの。
ダンス教室で知り合ったんですって」

「おじいさんと別れるんなら、同居してる女性は何にも言わず姿を消してしまえばいいんじゃない?」

「それだと慰謝料をとれないでしょ」

男も女も、タフでないと生きていけない。
ダンス教室で出会った女性、というのは校長と接触するために交際クラブから派遣された工作員だった。

最近では興信所がはじめた別れさせ屋だけではなく、交際クラブもこんな事業をやり出しているのだ。
私は京香が新橋駅前のSL広場で70代のおじいさんと待ち合わせる日時を教えてもらって、密かに尾行しようとした。

「だめー。それだけは。本橋さんに見られたら緊張する」

何度か口説いてみたのだったが、色よい返事はもらえない。

「70代の男性とその女性工作員はつきあいだしたばかりで、女性工作員の人柄を印象よくさせるために第三者が必要という話なの」

「ああ。自分が自分のことを誉めても効果はないけど、第三者から誉められると絶大な効果をもたらすということね」

「そう! わたしは“サチ”、おじいさんとつきあってる女性工作員は“ミユキ”という偽名」

「別れさせ屋」という新手のビジネスがあると噂では聞いていたが、まさか自分の知る奥さんが別れさせ屋の工作員としてスカウトされるとは。

「最後までやる必要はないの」

翌週。
京香から別れさせ屋の顛末が報告された。

「SL広場の機関車前に午後6時に待ち合わせして2、3分したら、工作員のミユキさんとおじいさんがやってきました。
食事する前にカラオケボックスに行くことになって、近くのカラオケボックスに入りました。
2人は居酒屋でちょっと飲んでたみたい。

初めて会ったミユキさんはすごい気立てのいい人。
引き立てるのがうまい。

おじいさんもミユキさんもカラオケがうまい。
ミユキさんのほうは、何気なく別れの歌を選んで歌うのね(笑)。
他に女がいたような歌を歌って、おじいさんの顔色をうかがう(笑)。

歌がきっかけでミユキさんが”わたし、昔つきあった男性に彼女がいて、傷ついて別れた思い出があるの”って、くらーく言ったら、おじいさんの顔色が変わるの。
わたしはその後で、おじいさんに“ミユキさんはとても思いやりがあって、職場でもすごい人気があるんですよ”って、美辞麗句ばかり並べ立てたわ」

おじいさん、すっかり作戦にはまった様子だ。
その翌週。
またもや京香は別れさせ屋の工作活動にかり出された。

「あんなのでお金もらえるんなら、もっとやってもいいわ(笑)。
わたし、接客業やってきたから得意なの。
でもなにがすごいって、つきあって婚約までもちこんだミユキさんのほうがすごい。

結婚詐欺? 大丈夫。
だって向こうのおじいさんだって嘘ついてるんだもん。
同棲中の彼女がいるのに」

70代のおじいさん、北関東のとある私立高校の校長まで務めた人格者だという。
まあ、こういう人格者ほど下半身はゆるいものだ。

Sponsored Link

2度目の工作活動。
京香はだめ押しでミユキを褒め称えようと、またカラオケボックスに入った。

3人は酒の勢いもあってしたたかに酔い、京香がトイレに行こうと部屋から出た。
工作活動は意外な方向に転がり出した。

背後から赤ら顔の元校長が追ってきた。
もつれるようにトイレ前で京香を抱擁する。
最初は酔った勢いかと思ったら、元校長、女性工作員2号京香の耳元でささやいた。

「タイプなんだ。この前からずっと思ってたんだ」

くちびるを奪われた。

京香が報告する。

「おじいさん、ミユキさんよりわたしのほうを気に入っちゃったの」

「それでどうなったんですか?」

「おじいさんに浮気させることが目的だから、急遽、ミユキさんに代わってわたしが工作活動をすることになりました。
最初の工作活動のギャラは2万だったけど、次から倍もらえることになったし、まあいいかなって」

「工作活動っていうけど、実際におじいさんと寝ないといけないんでしょう?」

「ううん。最後までやる必要はないの」

京香が独身時代、大手商社マンたちとSM3Pを実践したり、渋谷のラブホテルで部屋を2つ借りた中年男によって、イギリス人の性感マッサージを受けさせ火が付いたところ、別室で待機していた中年男にまた抱かれるという、男たちの欲望に身をもってこたえてきただけに、この後のことが危ぶまれるのだ。
予期したように京香がこの後、とんでもないことに巻き込まれることになるーー。

モラルがはじけ飛んだ

新橋赤提灯街は今宵も焼き鳥の煙で視界が曇る。
人妻・京香とSL広場前で待ち合わせた。

工作員になってから丸1ヵ月、京香はあの元校長の愛人候補として時折、密会していた。 
午後6時、時間通り到着した京香は気のせいか艶めいていた。

向かい側の椿屋珈琲店に入る。
京香は3日に1回、元校長と会ってカラオケに行ったり、食事に行ったりしているという。

「浮気しても、家族に迷惑かけなければむしろ賛成。
気持ちいいし、夫にも優しくなれるし」

工作員となった京香は、元校長と懇ろになって盛り上がっていた。
京香は正直に、結婚していることを打ち明けると、かえって元校長の男心を刺激したのか、前より激しく求めてくるのだった。

元校長は、京香にあるプレゼントをした。

「それがなんだと思います?」

私が回答に窮していると、京香は困ったような顔になって答えを教えてくれた。

「穴のあいたショーツ」
 
私たち世代はパンティと呼んだものだが、最近ではショーツというようだ。

「穴あきって、恥ずかしい部分をのぞかれるのがいいの?」

「ううん。はいたままするのが興奮するみたい」

元校長は穴あきショーツをはいた人妻に差し込むと肉欲のまま腰を突き動かすのだ。

「校長先生、奥さんと子どもふたりで暮らしていたんだけど、10年近く前にある出来事があって別居状態になって、つい最近、お子さんがふたりとも独立したんで離婚したんですって。
別れるきっかけって何だと思う?」

「校長の浮気?」

「はずれ。逆なの」

元校長夫妻と隣近所の公務員夫妻とは家族ぐるみのつきあいだった。
ある夜、公務員の亭主が元校長宅にやってきて、リビングでワインとチーズで談笑しだした。
元校長は眠くなったので、2階の寝室でまどろんだ。
 
1時間ほどして階下に降りていくと、なにやら秘密めいた空気が充満しているではないか。

「校長先生、見ちゃったんですって。
奥さんと公務員のご主人がキスしているのを!」

アルコールの勢いなのか、それとも以前から不倫関係にあったのか。

「ふたりを見ていると、前から関係があったようなの。大胆」

元校長の人生行路が突然、暴風雨に直面した。

「校長先生、何も言わずそっと2階に上がっていったんですって」

しばらくして夫婦は離婚した。

「いままでのモラルがはじけ飛んで、女性関係にのめり込んだの」

京香は元校長から託された穴あき下着を装着して肉交し、校長の心にあいた穴を埋めてやるのだ。

「別れさせ屋の工作活動はとりあえず終了。
校長先生と同棲していた依頼者の女性はわずかばかりの慰謝料もらって消えちゃった。
校長先生とは個人的にわたし、おつきあいするようになったの」

気になる穴あき下着だが、どこに保存しているのか。

「引き出しの奥に他の下着と一緒にしまってるから、大丈夫。
主人はわたしの下着に興味ないから」

夫婦にとって、女房の下着と亭主の仕事ほど無関心なものはない。
人妻の冒険はつづく。

[出典:「別れさせ屋」の工作員にスカウトされた美しき人妻(45歳)の冒険(本橋 信宏)現代ビジネス(講談社 > http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54867 ]

別れたいのに別れてくれない人もいますから、そういう場合には有難い仕事かなと思います。
これで誰かが不幸になると困りますけど。

Sponsored Link

 - 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

銀行が人員削減で多くのエリート銀行員が「私はもう終わり」と人生を諦め始めた

大きな銀行でさえも、生き残りを賭けて人員削減をしなければいけないとのこと。 そん …

弁護士が見た「泥沼不倫」ベスト3

泥沼不倫【第3位】 不倫を認めさせたい妻と、絶対に認めない不倫女の戦い 50代の …

過激化してテロに走る「インセル」と呼ばれるアメリカの「非モテ」

インセルと呼ばれる「非モテ」の人たちが、今のアメリカでテロを引き起こしていると言 …

「将来の天皇の義兄」だからこそ厳しく見つめる紀子様

眞子様の結婚問題にご心労の紀子様は、眞子様や佳子様を厳しく育ててこられました。 …

「新幹線殺傷・秋葉原通り魔・ブロガー刺殺」3つの理不尽な殺人に共通するもの

どれも理不尽な事件だった「新幹線殺傷」「秋葉原通り魔」「ブロガー刺殺」。 これら …

東大に入ってわかった「貧富の差」より「地域格差」が深刻なワケ

北海道の釧路市から東京大学に入学し、地域格差を実感したという話です。 「底辺校」 …

小室圭さん母の元婚約者が受け取った手紙の内容は唖然とするものだった

小室圭さんの母親の元婚約者が、小室さん親子から受け取った手紙の内容を明かしました …

高齢の親の年金目当てに虐待する息子・娘から逃げて老人ホームに避難

生活が苦しい40、50代の息子娘が親の年金をあてにし、払わなければ虐待される高齢 …

怪物・江川卓の巨人入団「空白の一日」と小林繁と藤圭子の関係

昭和の怪物・江川卓さん巨人入団時の「空白の一日」秘話です。 江川卓「空白の一日」 …

富山の学習塾が作った「片山学園」はどうやって頭の良い子を育てているのか

富山の片山学園は学習塾が作った中高一貫校で、東大合格者3名など難関大学の合格者が …