Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

今日使える雑学~ソニー創業者 井深大が遺した素敵なプレゼント

      2017/03/29

Sponsored link

ソニー創業者が、毎年2月に、家庭を持つ社員に向けたやさしいプレゼントとは?

06

今や誰もが持っているポータブルプレイヤー、その第一号を世界で初めて開発した、ソニーの創業者の一人「井深大(いぶか・まさる)」。

発明家として、日本初のトランジスタラジオ、トランジスタテレビ、ウォークマンなど、家庭で愛される電化製品を開発してきました。

そんな彼は、今からおよそ60年前、家庭を持つ社員に向けて、あるプレゼントを贈り始めました。

それは、井深が亡くなった今でも、年に一回、2月にプレゼントされています。

ソニー創業者が、毎年2月に、家庭を持つ社員に向けたやさしいプレゼントとは?

井深大氏自ら、ソニー社員の小学校に入学する子どもたち一人一人に、ランドセルをプレゼントしていました。

07

これが始められたのは、1959年。

日本経済は発展していましたが、人々の暮らしにはまだ、余裕がない時代でした。

そのため、社員の負担を少しでも軽くするために、ランドセルのプレゼントを始めたのです。

井深氏の父は、彼が3歳の時に他界。

やがて家族を持ち、子どもができた時、井深氏は「子どもにとっていかに親が大切か」を考えさせられたそうです。

晩年彼は、幼児教育に関する本を数多く執筆。

子どもたちの教育に熱心に取り組みました。

井深氏の思いが詰まったランドセルの贈呈式は、57年経った現在でも、毎年行われています。

式の後には、子どもたちは親の職場を見学します。

「両親がひたむきに生きる姿自体が、どんな幼い子にも素晴らしい影響を与えるのです」(井深大)

[出典:2016年02月16日「やさしい人なら解けるクイズやさしいね」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 人物

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

春の危ない習慣あれこれ

1年で最も体臭がキツくなる季節は春 体臭がキツいのは汗で、夏は汗を多くかくのでニ …

携帯の予測変換「す」に、絶対「すみません」が入ってる説

今や、「漢字を書け」と言われても、書けない漢字が多くなったのは、パソコンや携帯電 …

盲目のヨシノリ先生の美しい日本語講座

盲目のヨシノリ先生が教える 知っておきたい美しい日本語 ヨシノリ先生が教える「日 …

その健康法、間違ってない!?

今まで「正しい」と信じてきた健康法、間違っていませんか? 科学・医学の進歩は日進 …

イジメ受け、居場所がなくて選ばれない経験ばかりのミュージシャン・高橋優

いじめを体験し、ずっと居場所がなくて選ばれない経験ばかりだったと言う、ミュージシ …

現代の飛脚!高校生起業家塙佳憲さんの現在!大人の階段登る株式会社飛脚堂社長

 ああ、あれから約2年……(きみまろ風) 当時高校生だった、現代の飛脚こと塙佳憲 …

今日使える雑学~図書館にあるお年寄りが読みやすい本のひみつ

”図書館で増加中!読みやすい本” 文字を読みやすくするための工夫とは? 全国の半 …

ホセ・ムヒカ大統領の名言 まとめ

「世界でいちばん貧しい大統領」ホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領の心に響く名言 20 …

泣ける映画を見ると太る

泣ける映画を見ると太るとはどういうことか!? 「泣ける映画」を見た方が、食べ物を …

床屋には、なぜゴルゴ13が必ず置いてあるのか?

床屋、ほぼゴルゴ置いてる説 ばいきんぐ小峠プレゼン“床屋、ほぼゴルゴ置いてる説” …