Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

現代の絶滅危惧種!?ニッポンから消えゆくモノ ランキング(ホンマでっかまとめ)

      2018/07/23

Sponsored link

現代の絶滅危惧種!?ニッポンから消えゆくモノ ランキング(2018年5月9日ホンマでっかまとめ)

リモコンの巻き戻し

昔はビデオ用のリモコンに「巻き戻し」のボタンがありましたが、現代のリモコンの表記は「早戻し」になっています。
ビデオテープが激減した事により、巻き戻す行為がなくなったためです。

小学校の授業「理科」と「社会」

今の小学校1年生の授業から、「理科」と「社会」が消えました。
小学1・2年生で「理科」と「社会」を覚えるのが早いので、2つの教科が合体して「生活科」という新しい教科が誕生しました。
「生活科」は、児童が商店街に行って「社会」のしくみを学んだり、植物を育てて「理科」の知識を学ぶなどの実体験を通して学びます。

小学1・2年生の段階は「できた」か「できない」に興味があります。
「わかる」か「わからない」かということよりも、「何が飛べた」とか「これが言えるようになった」ということに関心が強いのです。
このことから生活科に変わっていきました。

理科は、自然的に起きるもの、社会は、人為的に起こすもの。
これらは、2年生までは区別がつかないため、曖昧なまま教えられても吸収が遅いだろうとの事。
発達心理学的には、10歳までは区別しないで生活科で教えた方が良いと言います。

脳科学的には、理科系はあった方が良いとの事。
勉強において好奇心は重要で、昆虫採集など、理科は好奇心を持たせやすい教科です。
理科系は、知識ではなく体験ということが重要です。

「生きているものを解剖するから残酷」という理由で《カエルの解剖》はなくなりました。
現代の小学校や大学では、もともと死んでいる冷凍イカを解凍して解剖する所があります。
イカは無脊椎動物で、カエルは脊椎動物、魚は脊椎動物になりますが、魚の内臓は人間と違うので難しいです。

蛇口がなくなってきた現代は、最近の子どもたちは蛇口の捻り方がわからず、公園の蛇口の前で手を振ったりしています。

タオル・雑巾が絞れない子どもが多く、小学校6年生でタオルを絞れない子どもは、30年前で既に約3割、現在は2割弱です。
原因は、生活の中で絞る場面がなくなってきているから。

子どもがぎっくり腰になるから、立位体前屈が中止されています。
日常生活で立ったまま前屈する機会が減ったからです。
今は、座って「長座体前屈」をします。

ササニシキ

1990年には、コシヒカリに次ぐ第2位の勢力を誇っていたササニシキですが、1993年の大冷害で大打撃を受け、2016年には米の作付面積全体のわずか0.3%までに減少しました。

ササニシキはもち米の特徴が入っていないため、寿司のシャリとしては最高に良いです。
コシヒカリのように甘くて粘り気がある米は、握り寿司にはあまり適しません。

一部の農家は、うるち米の高級なササニシキ作りに励んでいます。
今ササニシキは値段が高くて、ササニシキを使う寿司店は、伝統を守る意識が高いと言えます。

回転寿司のネタ「シャコ」がめっきり減ってきていますが、理由はシャコの水揚げが激減しているためです。
その理由としては「えさであるプランクトンが水質改善で減少」「海水温の上昇」「夏場に改定の酸素が減少」。

暴走族

80年代に一世を風靡した暴走族ですが、2年前に兵庫県警は、5人以上で暴走行為を行うグループ、いわゆる暴走族が消滅したと発表しました。
その理由は「徒党を組みたくない」「上下関係の厳しさに耐えられない」などです。
これは現代の若者たちの特性によるものだと分析できます。

ハンコ

1997年、押印見直しガイドラインが閣議決定し、履歴書など押印に重要な意味を持たない場合は記名のみでOKになり、押印欄も消え、ハンコも減少傾向にあります。
しかし一方で、街のハンコ屋さんによれば、外国人のハンコの需要が増えているとの事、日本で働いて、役所や銀行、会社の出勤簿に使います。

街のスズメ

公園や街中でよく見かけたスズメが、将来街からいなくなるようです。
北海道教育大学の調査チームが、親スズメが連れている子スズメの数を調査しました。
すると、巣を作れる屋根瓦の家が減少しているから、子スズメが年々減少の一途をたどっているとのこと。
スズメ界にも少子化の波が押し寄せています。

デパートの屋上遊園地

かつて娯楽の王様とも呼ばれた屋上遊園地ですが、1970年代にデパート火災が相次ぎ、その影響から消防法が改正され屋上利用の規制が強化されました。
近年はシニア層の取り込みのために、屋上庭園やペットショップ、園芸売り場などに変化しています。

万が一、子どもが遊具でケガをすると、提供するデパート側の責任になる場合もあって、街の公園でも遊具が減りつつあり、代わりにシニアの健康遊具が入ってきています。
15年の間で、ゆりかご型のブランコが8分の1まで減少し、シニアの健康遊具が5倍に増加しています。

アドバルーンも見なくなりましたが、アドバルーンの広告を見るには、高さ・距離が必要です。
20~50メートルの高さが最適と言われています。
都心部では超高層ビルが林立していて宣伝効果が薄い、ヘリウムが高騰してコストパフォーマンスが悪いなどが理由です。

Sponsored Link

料理本の4人分の表記

現在の料理本には「2~3人分」と表記されていますが、その理由は少子化です。
さらには、エコ志向で食べきりサイズを好むからです。

2040年には1人暮らし世帯の割合が約40%になるとの事から、これからは1人分の表記が増えていくでしょう。
スーパーやコンビニでは、1人用の小分け商品が増加傾向にありますが、未婚で1人暮らしの男性を「ソロ男」と言います。
50代男性の10%が未婚で、ソロ男をターゲットにした商品が増加していきます。

2030年には、日本の半数がおひとりさまになると言われていて、内訳は生涯未婚が3割、死別・離別が2割です。
お菓子の販売も、同じ物でも量を減らして同じ値段で売ります。
インド・中国のチョコ需要が増加した影響で、原材料費が高騰しています。
量を減らすと希少価値が高まり、大人向けお菓子として展開されていきます。

お菓子の量が少しずつ減っているのに気づきにくいもので、馴染みのお菓子やキャラクターの短所は見つかりませんが、新規のお菓子やキャラクターの短所はたくさんあがります。
人は、馴染んできたものの短所は見つけたくないもので、お馴染みというだけで1つ価値が高くなる傾向にあります。
短所探しには労力がかかるため、馴染みのものからは見つけたがらないからです。

スーパーのカリフラワー

1970年代まで食卓で人気を誇ったカリフラワーが姿を消した理由は、ブロッコリー人気の台頭です。
近年、健康とされる緑黄色野菜ブームの到来で、白色のカリフラワーから緑色のブロッコリーが人気になり、現在品種改良が進み、オレンジ・紫などのカリフラワーが登場、人気再燃を狙っています。

英語の筆記体

現在の英語の授業は「書く」ことより、「聞く」「話す」ことに力を入れていて、2002年から筆記体の指導は、英語教師の裁量に委ねられることになりました。
その結果、筆記体を知らない若者が激増していて、欧米人でも書けない人が多いそうです。
書くということは、頭の中で組み立てるので大事なことで、頭が良い人は、考えていることを書くのが間に合わず、筆記体は、頭で考えた事を早く書くために開発されました。

教科書の坂本龍馬

2022年度から実施する高校の「新学習指導要領」では、暗記教育の見直しに伴い、日本史と世界史を統合、暗記用語を現状の約半数に削減する事が決定し、教科書から消える候補の中に、坂本龍馬の名前が挙がっています。
他にも、高杉晋作や武田信玄などの数々の英雄たちの名が、教科書から消えようとしています。

駐車違反のチョーク

駐車違反を取り締まる際、車のタイヤにチョークを引く行為がありましたが、平成18年に道路交通法が改定され、「駐車違反の取り締まり」にも変化が。
かつては、線が引かれてから「5分間」の猶予期間がありました。
しかし現在は、車が放置されたと判断された時点で、1秒も待たずに即駐車違反になります。
この道交法の改正によって、チョークを引く行為が街から消えたのです。

子どもたちの筆圧が弱くなったため、鉛筆が昔はHBが主流だったのが、現在は2Bが主流になっています。
無理な力が必要のない文房具が進化したことも影響しています。

J-POPの”愛”

昔から音楽シーンで最も歌われているのが恋愛ソングで、かつては歌詞の中に愛が入っているヒットソングで溢れかえっていました。
しかしここ数年、J-POPから”愛”が消え始め、”愛”にとって代わった言葉は”好き”というライトな愛情表現です。
”交際経験ゼロ”の若者が急増して「愛は大げさで重い」のが理由です。

若者の人口減少により、カラオケボックスで歌う人が減ってきたカラオケ店は、経営が厳しい状況になり、いろんなサービスを始めました。
みんなで集まってDVDを観たり、英会話を勉強したり、ランチサービスを豪華にしたり、観覧車の中でカラオケのサービスを提供したりもしています。

80年代から「あなた」という言葉が消えてきていて、家の中で夫婦で「あなた」と呼ぶ人は1割しかいません。
若い人で多いのは「ダー」とか「ぴー」で、ダーはダーリン、ぴーは彼ぴのぴ、今の女子は、名前も呼ばずに「ねえ」「ちょい」「おい」などです。

缶切り

現在は、缶切りなしで開けられる「イージーオープン缶」の普及で缶切りの出番が減少し、缶切りを使えない若者が急増しています。
30年前は、7割の小学生が缶切りで開けられましたが、現在は2~3割しか開けられません。
「栓抜き」や「やかん」も消えつつあり、小学生の中で、お湯を沸かす道具と言えば「電気ケトル」に。

コテコテの関西弁

核家族で祖父母から離れて住むようになった現代では、イントネーションの継承がされにくくなりました。
親は「すぐにすべきことを子に話す」、祖父母は「時間的に余裕のある話をする」という風に区別されます。

差し迫っていない話をする関西弁は、耳に残って記憶されやすいのですが、用事だけを関西弁で話しても、内容だけを記憶して抑揚は耳に残りません。
方言は、リズムや笑いの中で継承され、核家族化では継がれにくい状況にあります。
[出典:2018年5月9日(水)「ホンマでっか!?TV」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

赤塚不二夫先生のおそ松くんバカボン伝説!!

天才バカボンを生んだ赤塚不二夫のちょっとイイ話 ギャグ漫画の王様、赤塚不二夫の型 …

【恥をかかないための雑学】あなたが今まで信じていたもの……実は間違いでした!!

間違って信じているモノが色々ある件 間違って信じている事① 「初老」 あなたは、 …

血液型のウソ?ホント?「猫に多い血液型は!?」

血液型のウソ?ホント? 林修の今でしょ講座まとめ 血液型の大発見が医学の歴史を変 …

医学部のマル秘常識

医学部のマル秘常識 研究一筋の先生方が、最新のがん医療を、早期発見・手術法など、 …

試してみませんか?「簡単に出来る!金運アップの方法」

お金持ちになるために、あなたはどんなことをしていますか? ”なるほど!”と思った …

紫外線UV対策!! いつからでも遅くない、とっておきの方法

知られざる紫外線の真実! 紫外線対策はいつから? シミ・しわ・皮膚がんの原因にな …

携帯の予測変換「す」に、絶対「すみません」が入ってる説

今や、「漢字を書け」と言われても、書けない漢字が多くなったのは、パソコンや携帯電 …

夏休み 女子高生まつり オトナが知らない10代

夏休み 女子高生まつり オトナが知らない10代 月に6回記念日がある高校生カップ …

元薬物中毒者 壮絶地獄の苦しみを語る by ねほりんぱほりん

元薬物中毒者 あの国民的元プロ野球選手も、あのカリスマミュージシャンも、その魔の …

日本人は「醜くても勝つより美しく負ける」を好む、その理由は?

日本人は「醜くても勝つ事より、美しく負ける事を好む」と言います。 日本人はなぜ「 …