●五人廻し

スポンサーリンク
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)酢豆腐

古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/五人廻し

落語動画 - 古今亭 志ん朝 - 五人廻し 江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれを承知で見世にあがった。あがるとマッチ箱のような小さい部屋が並んでいて、その一つに通される。薄暗い行灯が一つと枕元に...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれを承知で見世にあがった。 あがるとマッチ箱のような小さい部屋が並んでいて、その一つに通される。 薄暗い行灯が一つと枕元にたばこ盆があるだけの何の飾り気もない部屋...
立川談志

★立川談志/五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり、順番に部屋を廻るのが普通で、それを「廻し」といった。 これは明治初めの吉原の話。 売れっ子の喜瀬川おいらん。 今夜は四人もの客が待ちぼうけを食ってイライラし通...
林家彦六(八代目 林家正蔵)

★林家彦六(八代目 林家正蔵)五人廻し

古今亭右朝

★古今亭右朝/五人廻し

1989年4月12日 池袋演芸場
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をするのであるが、遊女の嫌な客になると長時間待たされたり、ひどいのにはちょっとしか顔を見せない「三日月振り」とか、全く顔を見せない「空床」「しょいなげ」。 来てもすぐ...
スポンサーリンク