金原亭馬生(十代目)

スポンサーリンク
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)夢金

金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。 原話は不明だが、江戸時代から高座にかけられてきた非常に古い噺。 主な演者として、三代目三遊亭金馬や五代目古今亭志ん生、五代目柳家小さん、五代目三遊亭圓楽などがいる。
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)花筏

スポンサーリンク
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)目黒のさんま

【落語】_金原亭馬生(十代目)_目黒のさんま あらすじ 秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂いは何かと尋ねる。 さんまという下衆魚で下衆下民が食す魚だと答えるが、苦しゅうない持参致せと。 さんまに粗塩をかけて...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)王子の狐

王子の狐(おうじのきつね)は、落語の噺の一つ。 初代三遊亭圓右が上方噺の高倉狐を東京に写したもの。 人を化かすと言われる狐がかえって人に化かされる顛末を描く。結末は一種の考え落ち。 主な演者に8代目春風亭柳枝、10代目金原亭馬生、7代目立川...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)うどん屋(1981年)

金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あくび指南所」。 常盤津や長唄、茶の湯の稽古所は聞いたことがあるが、あくびの稽古てのは聞いたことがねえ、金を取って教えるからにゃあ、どこか違っているにちがいないから...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)道具屋

金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)明烏

落語 「明烏」 金原亭馬生
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)真景累ヶ淵(豊志賀の死)

1981年(昭和56年)12月22日 東邦生命ホールにて収録
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)白ざつま(菊江の仏壇)

1967年(昭和42年)録音 菊江の仏壇(きくえのぶつだん)上方では菊江仏壇(きくえぶつだん)は古典落語の演目の一つ。 『百年目』『立ち切れ線香』『らくだ』などとともに上方落語の大ネタの一つでもある。口演時間の長さもさることながら、前半部の...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)文違い

新宿の女郎お杉、客の半七と田舎の大尽・角蔵にそれぞれ金の無心をするが、実は間夫の芳兵衛のため。ところが芳兵衛が落とした手紙には……
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)碁泥(碁どろ)

落語 金原亭馬生 「碁どろ」 碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京で演じられる。 3代目柳家小さんが、大阪の4代目桂文吾に教わり、東京に移した。 「笠碁」とならぶ碁をテーマにした落語の代表的演目で...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)中村仲蔵

落語 「中村仲蔵」 金原亭馬生
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)もう半分(1981年)

昭和56年4月18日 本牧亭 「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な演者は五代目古今亭今輔や五代目古今亭志ん生等。 演者によって舞台が違い、それによって多少話の流れも変わる。
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)今戸の狐(1968年)

★聴き比べ ⇒志ん朝 今戸の狐
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)大坂屋花鳥(1977年)

江戸、番町に梅津長門という400石の旗本がいた。 無役でやる事もなく長屋も持っていて金もあり、23歳になって初めて吉原に連れて行かれた。 登楼したのが大坂屋で、そこの花鳥という遊女に当たったが、お互い気が合って通うようになった。 悪い取り巻...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)初天神(1982年)

金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)鈴振り(鈴まら)

★聴き比べ→古今亭志ん生
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)富久

スポンサーリンク