★春風亭柳昇(五代目)すき焼き兄妹

春風亭柳昇(五代目)


妹の息子が大学へ進学したいと言い出したが、そのための金がない。
兄のところへ借りに来るが、金がないのは兄とて同じこと。
妻に頼まれて買ってきたすき焼きの肉を、偶然手に入れたからと嘘を言って、妹に無理に持たせて帰す。
帰って来た妻にごまかそうとするが、バス停で見掛けたが、確かに肉屋さんの袋を持っていたと言われると全て白状してしまう。
妻は親の残した金があるから援助できると言ってくれた。
妹に電話で連絡してやって、さあすき焼きを食べようと思ったら、肉を全部やっちゃったから豆腐しかない。

「これじゃあ豆腐焼きだよ。あっ、一句出来た。妹に肉をとられて豆腐焼き」

「じゃあ、私も一句。 豆腐焼き食べるうれしさ夫婦かな」

「ああ、これで肉(二句)になった」

コメント

タイトルとURLをコピーしました