スポンサーリンク
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)井戸の茶碗

井戸の茶碗(いどのちゃわん)は古典落語の演目。井戸茶碗とは当時珍重された高麗茶碗の一種。講談「細川茶碗屋敷の由来」をもとにしたものとも言われている。講談では千代田は広島浅野家の家来だったが同僚の讒言で浪人するはめに。 が、茶碗の一件がきっか...
立川志の輔

★立川志の輔/井戸の茶碗

落語 立川志の輔 「井戸の茶碗」 最終版 あらすじ 正直者の屑屋の清兵衛が浪人、千代田卜斎から預かった仏像を、高木佐久左衛門が買い取った。煤けているのでぬるま湯で磨いたところ、台座の紙が破れて中から五十両の小判が出て来た。仏像は買ったが中の...
古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/井戸の茶碗

How To Win Endgames : Habu's Rule #7 あらすじ くず屋の清兵衛は曲がったことが大嫌い。人呼んで正直清兵衛。 ある日、みすぼらしいがどこか品のある若い娘さんに呼び止められる。 ついていくとそこ­は千代田卜斎...
スポンサーリンク
感動

史上最も腐敗した警察官の不祥事-ポリスギャングストーリー

史上最も腐敗した警察官 仰天・衝撃のラスト! 倫理についての講演 2016年3月、アメリカ・ニュージャージー州の大学で、1人のコンサルタントが「倫理についての講演」を行いました。 聴衆は、警察官や裁判官を志望する学生たち。 そして、彼が語り...
映画

映画『REVOLUTION+1』足立正生監督:タモト清嵐主演/キャスト・あらすじ・人物相関図

映画「REVOLUTION+1」 主演・タモト清嵐 監督・足立正生 キャスト・あらすじ・人物相関図 2023年3月11日(土)公開 この映画は、安倍晋三元首相暗殺犯・山上徹也容疑者を題材にしています。 総理経験者が暗殺されるなんて歴史の年表...
芸能

天才!はいだしょうこおねえさんのお絵描き歌(おえかきうた)動画まとめ

現在のはいだしょうこの絵は進化・上達したと話題に はいだしょうこさんのトヨタ・シエンタのCMでの絵描き歌はとにかくスゴイです。 はいだしょうこさんと言えば、 本名は拝田祥子(はいだしょうこ)さんですが、2012年に結婚され、御主人の姓を名乗...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)浮世床

落語 「浮世床」 三遊亭金馬 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。 古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。 上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。...
三遊亭圓遊(四代目)

★三遊亭圓遊(四代目)浮世床

露の五郎兵衛(二代目)

★露の五郎兵衛(二代目)浮世床

音源:昭和51年 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。 古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。 上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。 主な演者と...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)花見の仇討

三代目 三遊亭金馬「花見の仇討ち」 あらすじ 花見の嗜好で仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。 二人の巡礼が上野の山で親の仇に出会って「やあ珍らしや、お主は親の仇、尋常に勝負しろ」「何をこしゃくな、返り討ちだ」と仇討ちの...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)花見の仇討

柳家小さん(五代目)

★柳家小さん(五代目)花見の仇討

立川談志

★立川談志/花見の仇討

あらすじ 長屋の4人組の仲間。花見の趣向で見物人を驚かそうと、仇討ちを計画する。段取りはこうだ。 飛鳥山の桜の下で仇役の金さんが煙草を吸っている所へ、巡礼兄弟役のよしさんと吉さんがやって来て名乗りを上げ、仇討ちの立ち回りを始める。 まわりに...
雑学・豆知識

【朝倉さや】タッチ!山形弁バージョン歌詞(芋煮県おらだのやまがた方言解説講座つき)#1598-1229

岩崎良美タッチ 方言版・山形方言バージョン歌詞 呼吸バ止めで いずびょう あなた すんけんな目バ したがら ほっから 何も 聞がンねぐなるの ほすくず ろんりねぇス きっと 愛するしとバ たいせずにして しゃねうぢ おぐびょうなんだべ ほろ...
芸能

【朝倉さや】日本漬け(最新アルバム) 民謡日本一山形弁なまりうた姫の東京物語

朝倉さや最新アルバム/日本漬け なして涙ででくるんだず youtubeの全日本なまりうたトーナメント、なまりうたを熱唱する朝倉さやさんの歌声を聴いて おっ!?この子は、只者ではないナと、直観しました。 コミカルな雰囲気なのに、なにかハートに...
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)高砂や

落語 「高砂や」 雷門助六 あらすじ 八五郎は何の前触れもなく、知識がないにも関わらず、ある日突然、仲人を務めることになる。彼の役目は、伊勢屋という名の裕福な商家との間で行われる。服装にも困っていた八五郎は、着るものがないため、知り合いの隠...
春風亭柳枝(八代目)

★春風亭柳枝(八代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)癖百態(くせひゃくたい)【永久保存版】#177

雷門助六師匠の至芸まさにここにあり! この落語は動画でなければ伝わりませんね。 貴重な動画を共有させていただきました。
春風亭柳橋(六代目)

★春風亭柳橋(六代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)虱茶屋#259

プロフィール 8代目雷門 助六(1907年4月22日 - 1991年10月11日)は、東京都本郷出身の落語家、喜劇役者。 本名は岩田 喜多二(いわた きたじ)旧姓は青木。出囃子は『助六ばやし』。愛称は「六さん」。 父は6代目雷門助六。5歳だ...
スポンサーリンク