スポンサーリンク
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)

古今亭志ん生(五代目)唐茄子屋政談(とうなすやせいだん) 唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋」。 上方では「南京屋政談」、「南京政談」、「なんきん政談」と呼ばれる。 東西では少し内容が違っている...
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)唐茄子屋政談・心中時雨傘

あらすじ 根津権現の祭りは勇壮だった。 祭りの準備で屋台が出て、その上根津の遊廓の賑わいもすごかった。 縁日の屋台の、ドッコイ屋と言うのがあった。 ドッコイ屋は盤の中央に回転する棒がついていて、その先に針があってマス目の中に景品が書いてあり...
古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/唐茄子屋政談

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋」。 上方では「南京屋政談」、「南京政談」、「なんきん政談」と呼ばれる。 東西では少し内容が違っている。 上、下の二部作に分かれるが、現在は上を演じることが多い...
スポンサーリンク
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)唐茄子屋政談

落語 「唐茄子屋政談」 三遊亭金馬(三代目)
立川談志

★立川談志/人情八百屋

動画→ 日本橋茅場町の八百屋の平助は、10日ほど前、霊岸島の裏長屋で、おかみさんが出てきて茄子を半分の五つだけ分けて欲しいという。 渡していたら、子供が出てきてその茄子をムシャムシャかじりだした。 聞くと、 「亭主が3年越しの患いで、食べる...
林家彦六(八代目 林家正蔵)

★林家彦六(八代目 林家正蔵)やんま久次(きゅうじ)

「やんま久次」とは、林家彦六により演じられた円朝の代表作の一つである。この作品は、門下の三遊一朝から彦六に伝えられた後、一時期忘れられていたが、五街道雲助によって復活された。作品の別題は「大べらぼう」である。 【あらすじ】 主人公の青木久次...
林家彦六(八代目 林家正蔵)

★林家彦六(八代目 林家正蔵)二つ面

怪談噺INにこにこ 「 二つ面」 林家正蔵(彦六) 昔は寄席で一年中怪談噺をしたものです。一朝老人なんかもやっていましたが、ただ、正月の三が日はやりません。 柳亭西柳(りゅうてい さいりゅう)は弟子の佐太郎に今日の割を持たせての帰り道、追い...
林家彦六(八代目 林家正蔵)

★林家彦六(八代目 林家正蔵) 鰍沢雪の夜噺(かじかざわ)

落語  「鰍沢雪の夜噺」  林家正蔵 身延詣りの旅人が路銀目当てのお熊に撃ち殺されそうになるが、間一髪,鰍沢のお材木につかまって助かる...
林家彦六(八代目 林家正蔵)

★林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』。 近年の主な演者には、4代目橘家圓蔵や6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家...
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年)に出版された笑話本・「俗談今歳花時」の一遍である『幽霊』。 元々は『かまど幽霊』という上方落語で、大正初期に3代目三遊亭圓馬が東京に持ち込んだ。 主な演者として...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)課長の犬

わたくしは、春風亭柳昇といいまして、大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇と言えば、我が国では……、 わたし一人でございます。 あらすじ サラリーマンのコンドウさんは同僚と間違えて課長の頭を冗談半分に叩くという失態をおかしてしまう。 課...
立川談志

★立川談志/へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年)に出版された笑話本・「俗談今歳花時」の一遍である『幽霊』。元々は『かまど幽霊』という上方落語で、大正初期に3代目三遊亭圓馬が東京に持ち込んだ。主な演者として、6...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)カラオケ病院

【落語】  春風亭柳昇 カラオケ病院  「カラオケ病院」は、5代目春風亭柳昇による新作落語の演目。柳昇作の新作では代表格にあたり、よく演じられた。 当時のカラオケブームにヒントを得て作られたもので、ハイライトとなる後半のカラオケ大会の場面で...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)結婚式風景

落語「結婚式風景」五代目-春風亭柳昇-昭和59(1984)年9月15日-12分9秒-13MB.mp4 落語 春風亭柳昇 結婚式風景 ある結婚披露宴の風景。 はじめにスピーチに立った仲人さんは 「新郎の経歴は……ありません。新郎はお祖父さんと...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)南極探検(弥次郎改作)

落語「南極探検」五代目.春風亭柳昇-昭和62年9月5日-11分35秒-12MB.mp4 わたくしは、春風亭柳昇といいまして、大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇と言えば、我が国では……、わたし一人でございます。 5代目春風亭柳昇は『...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)与太郎戦記~戦場にかける恋~【名作・永久保存版】

落語 春風亭柳昇 与太郎戦記 あらすじ 第二次大戦中。のちに春風亭柳昇となる秋本安雄青年が噺の主人公である。 陸軍に招集され歩兵第101連隊に配属された秋本は内地勤務を経て中国へ出征することになった。 中国での仕事は船舶警護。陸軍育ちである...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)すき焼き兄妹

妹の息子が大学へ進学したいと言い出したが、そのための金がない。 兄のところへ借りに来るが、金がないのは兄とて同じこと。 妻に頼まれて買ってきたすき焼きの肉を、偶然手に入れたからと嘘を言って、妹に無理に持たせて帰す。 帰って来た妻にごまかそう...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)税関風景

え~、きょうは朝から生憎の水曜日でございますが……よくいらっしゃまして、わたくしは春風亭柳昇といいまして、大きなことをいうようですが、春風亭柳昇といえば、我が国では……わたし一人でございます。 税関風景(ぜいかんふうけい)は林鳴平(5代目春...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)お茶漬け(茶漬間男)

『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』『二階の間男』という題のときもあった。 桂米朝のものが有名。 東京では6代目三遊亭圓生が『二階の間男』、5代目春風亭柳昇が『お茶漬け』の題で演じた音源が残されている。 あらすじ ある不倫中の男...
春風亭柳昇(五代目)

★春風亭柳昇(五代目)日照権

町内に14階建てのマンションが建設されることになった。 マンションが建てば近隣の日当たりが悪くなり、日照権が侵害される!ということになり、住民たちが反対集会を開いた。 集会に眠そうな顔でやってきた与太山さんはマンション建設計画を聴いても平気...
スポンサーリンク