三遊亭圓生(六代目)

スポンサーリンク
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。 上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。 主な演者として、東京の3代目三...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)田能久(たのきゅう)

六代目三遊亭円生の噺、「田能久」(たのきゅう)より 阿波(あわ)の国、徳島の在・田能村のお百姓の久兵衛さん。生活に困るようなこともなく、道楽で芝居をしていたが、役者として上手かった。仲間というか弟子も増えて、『田能久一座』を結成し、本業を放...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)二階の間男(二階借り)

落語 「二階の間男」 三遊亭円生 『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』『二階の間男』という題のときもあった。 桂米朝のものが有名。 東京では6代目三遊亭圓生が『二階の間男』、5代目春風亭柳昇が『お茶漬け』の題で演じた音源が残され...
スポンサーリンク
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)双蝶々(ふたつちょうちょう)

序~小雀長吉 八百屋の長兵衛の倅・長吉は、小さいころから手に負えない悪で、店の物はかっさらう、賽銭は盗む、悪い事については頭が良くまわった。 あるとき継母のお光に寿司を食べるからと銭をせびり、もらえないとなるとお膳を蹴飛ばして表へ飛び出して...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教えてくれという。 これまでも教えたが覚えが悪いので、短気な侍は手を放そうと追い返す。 次の日もやってくる。実は娘が大店から嫁入りの話が来ているが、父親が無筆では相...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)てれすこ

三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)怪談牡丹灯籠(御札はがし)

お露と新三郎 御札はがし(1:03:03~) 牡丹灯籠(ぼたん どうろう)は、中国明代の小説集『剪灯新話』に収録された小説『牡丹燈記』に着想を得て、三遊亭圓朝によって落語の演目として創作された怪談噺である。 『牡丹燈記』は、若い女の幽霊が男...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時、中食のため町はずれの茶屋に入った。そこにあった屏風の絵が立派で土佐派の将監(しょうげん)光信(みつのぶ)筆とまでは判った。見事な絵であると感じ入っていたが「松...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)百川(ももかわ)

昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77歳 あらすじ 田舎出の百兵衛さん、葭町(よしちょう)の桂庵(けいあん)千束屋(ちづかや)の紹介で浮世小路の百川楼に求職に来た。 初めての奉公なので何も分からないと言...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)花筏(はないかだ)

落語 「花筏」 三遊亭圓生 【実在の力士・花筏について】 花筏 健(はないかだ けん、1941年(昭和16年)9月24日 - )は、山形県鶴岡市出身で立浪部屋所属の元大相撲力士。本名は、三浦健(みうら けん)。最高位は西十両17枚目。現役時...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)目黒のさんま

落語 「目黒の秋刀魚」 三遊亭圓生
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山が文政4年(1821年)に出版した随筆・『甲子夜話』の「第十七巻」。 主な演者には、六代目三遊亭圓生や五代目古今亭志ん生などがいる。
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べのお上手な誠に活発な方で、賄賂、これはどうも甚だ良ろしくない風習であるから、こういう事は、絶対に止めさ せたいがどうも、正面を切って賄賂(まいない)を取るなとも言...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

落語 樟脳玉 六代目三遊亭圓生 あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先立たれ落胆と悲しみのあまり仕事も手に着かない。家に籠りっきりで、朝から晩まで仏壇の前に座って泣きながら念仏を唱えている。 捻兵衛...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)引越しの夢(口入屋)

解説のみ 「口入屋」は上方落語の演目の一つで、東京では「引越の夢」という題で演じられます。原話は、寛政元年(1789年)に出版された『御祓川』の一編である「壬生の開帳」です。 あらすじ 大店に、口入屋(現在の職業紹介所)から、才覚も兼ね備え...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)酢豆腐

三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)無精床(けんつく床)

無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。 親方も小僧も無精きわまりない無茶苦茶な床屋に、偶然入ってしまった男の災難ぶりを描いた滑稽噺。 あらすじ 行きつけの床屋が混んでいるので、代わりに入った床屋がたいへんな店。 掃除はしていないし蜘蛛の...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)城木屋

1968年録音 日本橋新材木町の城木屋の娘、お駒は非の打ちようのない美人の評判娘。それに引き換え店の番頭の丈八は四十を越えた醜男。この丈八がなぜかお駒に惚れてしまった。色目を使ったりするが、お駒はまったくの無関心、無頓着。無愛想だ。 ついに...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)夏の医者

三遊亭圓生(六代目)夏の医者 1979年(昭和54年)9月1日録音 「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・『軽口独狂言』の一遍である「蛇(うわばみ)の毒あたり」。 主な演者...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)ねずみ穴(鼠穴)

落語  「鼠穴」 三遊亭圓生 川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。 あらすじ 亡くなった父の遺した田畑を二等分した百姓の兄弟。 金に換えた兄はそれを元手に江戸へ出て成功し大店を持つようになる。 一方、弟は遊びで全てを...
スポンサーリンク