三遊亭金馬(三代目)

スポンサーリンク
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)夢金

落語 「夢金」 三遊亭金馬 山谷堀の吉田屋という船宿。 そこの船頭・熊五郎は、このところ毎晩のように超現実的な寝言をうなっている。 「金が欲しいな。二十両欲しい。だれかくれぇ」 ある夜、いつものように熊の「金くれえ」が始まったころ合いに、門...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)湯屋番

落語 「湯屋番」 三遊亭金馬 湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てくる【道楽者の若旦那】が主人公。 タイトルの『湯屋番』は【湯屋の番台】の略。 江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)転失気(てんしき)#172

体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。 和尚は知ったかぶりをしてその場をごまかし、あとで小僧を呼んで近所に「てんしき」を調べに行かせる。 だれもが知ったかぶりをしたため、はっきりしたことを聞き出せな...
スポンサーリンク
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)たがや

あらすじ 花火客でごった返す川開きの両国橋を通りかかった「たがや」(桶屋)が、人込みに押されて道具箱を落としたとたん、輪になっていたタガ(竹の輪)が弾けた勢いで、近くの馬上の殿様の笠を飛ばしてしまった。 「とんだ粗相を申し訳ありません」と平...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)目黒のさんま

三代目 三遊亭金馬「目黒のさんま」 あらすじ 秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂いは何かと尋ねる。 さんまという下衆魚で下衆下民が食す魚だと答えるが、苦しゅうない持参致せと。 さんまに粗塩をかけて、農家の熾...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)紀州

三代目 三遊亭金馬「紀州」
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)池田大助(佐々木政談)

三代目 三遊亭金馬「池田大助」1/2 三代目 三遊亭金馬「池田大助」2/2 あらすじ 大岡越前守が、田舎侍に扮して、護衛を一人つけて、江戸市中を見回って歩いていた。すると、二人の子供が縄で縛られ、周りを多くの子供が取り囲んで広場まで行く。そ...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)真田小僧

真田小僧(上・下) 親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話をすれば、母ちゃんから貰えるからいいや」 とつぶやくと、親父は気になり、話せと迫る。 キザな白い服を着て、色眼鏡にステッキの男だ。 この先を聞くなら五銭おくれと、...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)高田馬場

落語 「高田馬場」 三遊亭金馬 あらすじ 春の盛りの浅草・奥山。 見世物や大道芸人がずらりと並び、にぎやかな人だかりがしている。 その中で、居合い抜きを演じたあと、がまの油の口上を述べている若い男がいて、その後ろに美しい娘。 これが鎖鎌の芸...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)薮入り

かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩めの親心」と昔も今も子を思う親心には変わりがない。 「かわいい子には旅をさせろ」で三年前に商家へ奉公に出した熊さんの息子の亀吉が始めての宿下がりで帰ってくる。 正月の薮...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)狂歌家主(きょうかいえぬし)

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛け取り(てんかいちうかれのかけとり)。 現在は東西とも、省略形の掛け取り(かけとり)という題で演じられることが多い。 主人公のもとに4人の人物が登場する構成のう...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)お化け長屋

三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)金明竹

落語 「金明竹」 三遊亭金馬 金明竹(きんめいちく)は古典落語の演目の一つ。 骨董屋を舞台としたドタバタなやりとりを描く滑稽噺。 二部構成となっており、天然ボケの小僧が、来る客来る客に頓珍漢な断りをする前半部分は狂言の『骨川』、後半の上方弁...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)随談艶笑見聞録

三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)長屋の花見(貧乏花見)

落語 「長屋の花見」 三遊亭金馬 「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花見」。 上方では、初代桂春團治、5代目笑福亭松鶴、6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、2代目桂枝雀、3代目笑福亭仁鶴。 東京では、...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)権兵衛狸

三代目 三遊亭金馬「権兵衛狸」 権兵衛狸(ごんべいだぬき)は、落語の演目の一つ。 初めは東京のみで演じられていたが、近年は上方に移植されて演じられている。民話の香りのするほのぼのとした小品である。
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)一目上がり(ひとめあがり)

三代目 三遊亭金馬「一目上り」 一目上がり(一目上り、ひとめあがり)は古典落語の演目のひとつで、「七福神(しちふくじん)」「軸ほめ(じくほめ)」とも称する。 無教養な男の厚顔ぶりを洒落のめす噺で、落ちはトントン落ち。 主な登場人物は、市井に...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)高野違い

落語 「高野違い」 三遊亭金馬
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)茶の湯

三代目 三遊亭金馬「茶の湯」 あらすじ 蔵前の旦那が根岸に茶室付きの家を買って、隠居した。 せっかくだからと茶の湯を始めるが、作法を知らず、抹茶と間違えて青黄な粉を買って来たが泡立たちが悪いと、更にむくの皮を放り込んで、無理して飲んで「風流...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)付き馬

落語 「付き馬」 三遊亭金馬(三代目)
スポンサーリンク