●寝床

スポンサーリンク
桂文楽(八代目)

★桂文楽(八代目)寝床

古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/寝床

あらすじ ある商家のだんな、下手な義太夫に凝っている。 それも人に聴かせたがるので、皆迷惑。 今日も、家作の長屋の連中を集めて自慢のノドを聞かせようと大張りきり。 番頭の茂造に長屋を回って呼び集めさせ、自分は小僧の定吉に、晒に卵を買ってこい...
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)寝床

あらすじ 旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めない人にはお茶と羊羹を揃えて、座席の用意をさせる。 さて当日になって、何人集まるか番頭に聞くと、やれ無尽だお産だと誰も来ない。すっかり臍を曲げた旦那は「もう義太夫...
橘家圓蔵(八代目)

★橘家圓蔵(八代目)寝床

立川談志

★立川談志/寝床

三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)寝床

落語 「寝床」 三遊亭金馬 旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めない人にはお茶と羊羹を揃えて、座席の用意をさせる。 さて当日になって、何人集まるか番頭に聞くと、やれ無尽だお産だと誰も来ない。すっかり臍を曲げた...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じて、旦那は舞台の設定から、客席の設定など細かいところまで気配りをした。 繁蔵が長屋を全部回って帰ってきた。 提灯屋に最初に行ったら、開店祝いのほうずき提灯を明日...
スポンサーリンク