Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ダイエット業界ヤバイ裏話そのタブーと嘘

      2017/06/24

Sponsored link

業界関係者Aさんに聞いたダイエットの裏事情

1

「女性が本気でダイエットしたければ、へそ出しタンクトップを買いに行け!」

今回のテーマはこちら。

「女性が本気でダイエットしたければ、へそ出しタンクトップを買いに行け!」

さあ、これはどういうことなのでしょうか?

ダイエットの仕組み……摂取カロリーより消費カロリーが多ければ脂肪が減少します。

20代~40代女性の82%がダイエット経験があります。

しかし、その人たちのダイエット成功率はなんと7%!

2

なぜダイエットに成功しないかというと、「気持ちが続かない」

過去にはいろんなダイエット法が流行しました。

1970年代のぶら下がり健康器、1980年代のりんごダイエット・ゆでたまごダイエット……。

2000年代には、(デューク更家さんの)1mウォーキングダイエット・ビリーズブートキャンプ……。

3

出版関係者が語る!楽して痩せたい女性を狙うダイエット本の裏事情とは?

話を聞いたのは、ダイエットや健康・医療記事を担当する編集プロダクション社長の事情通Aさん。

疑問) 「どうして、毎年新しいダイエット本が数多く出版されるのでしょうか?」

Aさん)「正直申し上げると、女の人はカモというかですね……」

なんと、事情通Aさん曰く、「女性はカモ!」

Aさん)「大手の出版社の1割、10%くらいは、ダイエット関連本で売り上げをあげています」

ダイエット業界の市場規模は、年間およそ2兆円。

斜陽産業とも言われる出版業界で、唯一の光と言っても良いダイエット本。

カモの女性たちがいる限り、手を変え品を変え、ダイエット本は出続けるだろうとAさんは言います。

疑問) 「『本当に効果あるの?』というダイエット法なんかもあるのでは?」

Aさん)「いろんな健康法の体系の中で、一面を切りだしてお伝えしていることが多いんですよ。手にとって頂いた後で、その内容が(正しい)理論はありますので、それに関心を持たれたならば、もっと深いことをご自身で勉強されるということもあろうかと期待しています」

ダイエット業界で女性が飛びつく魔法の言葉ベスト3

「すぐ痩せる!!」

「これだけ!!」

「我慢しなくていい!」

これらのフレーズが入っているキャッチコピーで宣伝をします。

「こんな言葉に騙されるはずがない」と思っているかもしれませんが……。

「寝ている間に勝手にダイエット!?」

「寝る前に飲むだけで努力なし!?」

これ実は、消費者庁に改善命令を受けた誇大広告商品なんですが、なんと売り上げは2年間で約50億円!

15

16

楽して痩せるなんてあるわけないのに手を出してしまう、これがダイエットの魔力なんです。

あなたも騙されていませんか!?

しかし、「この程度ならまだましだ」と、悪徳商法評論家の多田文明さんは言います。

「こぶし1個分痩せた」なんてダイエット広告、見たことありませんか?

多田さんによると、こうしたダイエット広告のほとんどが、大きいサイズのズボンを履いて撮影されたインチキだと言います。

18 19

「ビフォー」「アフター」の写真を逆にする、今の太っている写真を「ビフォー」にしてしまう、いくらでもトリックできるんだそうです。

また、インターネット上に存在する「偽サイト」。

21

芸能人の写真は無断使用、ニュースの内容もウソ、人気女性週刊誌も全くの無関係!

挙句の果てに、外国のサプリメントを購入するサイトに誘導されてしまうんです。

本物のホームページと比べてみても、どちらが本物でどちらが偽物なのかわかりません。

結局、「楽して痩せる商品は無い」ということです。

広告に隠されているワナとは!?

2425

「初回のみ2980円」……支払い総額を書いていないので、2回目以降、極端に値段が上がってしまう(1万円以上とか)可能性があります。

「鉄分がプルーンの15倍」……ダイエットをすると鉄分が不足しがちなので摂った方が良いのですが、鉄分を摂っても痩せることはありません。

「返金保証」……下の注意書きに、「詳しくは商品の説明書をご覧ください」とあり、買わなければ保障内容がわからない仕組みになっています。

28

Sponsored Link

こんなショッピングサイトで買い物をしてはいけない

話を聞いたのは、ハッカー界の黒船、タナカ・ザックさん。

10年前に来日して、現在は兵庫県警のサイバーハッカーの講師をしています。

皆さん、ハッカーと聞くと、怖いイメージがありませんか?

実は、ハッカーとは、コンピューターなどに深い技術的知識を持つ人のことで、元々は良い人です。

その技術でサイバーテロなど悪事を働く人はクラッカーと呼びます。

詐欺サイトの一番の目的は、「IDとパスワードを盗むこと」です。

そして、「IDとパスワードの転売」で儲けているのです。

事情通Aさんによれば、「個人情報売買の巨大ブラックマーケット」が存在し、そのマーケットの市場規模はおよそ1兆円!

【詐欺サイトの見分け方】

このサイトのURLを見ると、「zozo.jp-sale99.sp/」となっています。

35

一般的には、URLのjpやcomの後には、/(スラッシュ)しかつきません。

詐欺サイトは、/(スラッシュ)以外のものがついてきます。

ということから、このサイトがZOZOTOWNそっくりに作った偽装サイトだということが分かります。

36

ちなみに、ZOZOTOWNの正式なURLは、「zozo.jp/」です。

37

カバンを売るこのサイト、実は海外の犯罪グループが作った詐欺サイトです。

「トートに変形」の「変」の文字が、日本語の漢字ではなく中国語の簡体字になっています。

40

日本人が作っていないということです。

昔は、「日本語自体がおかしい」ということがありましたが、段々巧妙になってきてそういうことはなくなりました。

ただ、「変」という漢字は中国語と似すぎていて、中国人が見落としている可能性があるのです。

また、「7,999円」という値段のつけ方もおかしいですよね。

38

日本人なら「7,980円」にするはず。

値段の下二桁が「99そろえ」は、海外の商習慣です。

「99そろえ」があまりにも多い場合には、日本人の商習慣を知らない外国人が作った可能性が高いです。

結婚式に学ぶスペシャルダイエット法

誰でもダイエットする強い意志を持てる瞬間、それは「結婚式」。

結婚式前には、誰でも「痩せよう」という気になるのです。

そこで、ウェディングドレスデザイナーで株式会社Ar&co.代表取締役の西村有紀子さんに聞きました。

西村さんは、女性の美しさを引き出すアドバイザーとして本も出版されています。

美しくドレスを着てもらうために、多くの新婦を痩せさせてきたプロなんです。

西村さんにかかれば、平均3~4kg、多い人だと10kg痩せられるとか。

新婦のうち、半数は「結婚式」というだけでダイエットできるそうですが、残りの半数はなかなか痩せられないそうです。

そんな痩せられない新婦に、西村さんが実践している方法とは!?

まず西村さんは、新郎に、ドレス姿の新婦の写真を撮らせます。

腕、お腹、背中など、各部位の写真を撮り、それを新婦に見せることで、自分の気になるところを意識させます。

現実を見せることで、ダイエットの意識が高まるのです。

しかし、これでも痩せられない新婦に、西村さんのスペシャルダイエット法が!

それは、インスタグラムなどのSNSに、ダイエット中の肌を露出した写真をどんどんアップしてもらうこと。

世界中に見られることで、「痩せなければ」という気持ちになるんだとか。

実際に現在、「インスタグラムダイエット」というものが流行っていて、多くの女性がインスタグラムにダイエット中の写真や自分の体型が分かる写真を掲載しているんです。

さらにインスタグラムの場合、同じようにダイエットしている人から応援のコメントが寄せられることで、ダイエットを辞めづらくなる効果があるのです。

実は、西村さんもSNSダイエットの利用者。

出産で太ってしまった体型を戻そうと、半年で14kg痩せました。

49

しかし、短期間で大幅なダイエットをすると、つきものなのがリバウンド。

そこで、西村さんはSNSを利用し、インスタグラムなどで露出の多い写真をアップすることで、14kg痩せた体型を維持しているそうです。

自撮りすると「弱点を隠す」ので、他人に撮ってもらうのが良いです。

ということで、「女性が本気でダイエットしたければ、へそ出しタンクトップを買いに行け!」は、「弱点をさらけ出せ!」ということでした。

(了)

[出典:2016年4月4日放送「雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きました!~」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Comment

  1. 匿名 より:

    リピーター続出の○○?
    ヲイヲイ手を切れないってことはやせないってこと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ナチスを騙してヒーローになった贋作家「メ―ヘレン」

ナチスをも巻き込んだ「20世紀最大の贋作事件」 ナチスの総統ヒトラーは、若き日に …

スキャンダル日本史「破天荒な”バツ5”美食家・北大路魯山人」林修 初耳

スキャンダル日本史「破天荒な”バツ5”美食家・北大路魯山人」林修 初耳 芸術家の …

今日使える雑学~自動販売機についてるマスコットの秘密

日本全国、どんな街にも置いてある自動販売機。 そこには、缶コーヒーやペットボトル …

新春ホンマでっか!?2017年大予想発表会「地球温暖化はウソ!?」

2017年 大予想SP 地球温暖化がウソだと暴かれる 2017年は【真実と本音】 …

強い女 VS 弱い男 徹底比較研究

強い女&弱い男を徹底比較 女は強い・男は弱い 最近は、女性の活躍が目覚ましく、強 …

誰も知らない公安&警察の裏側

元公安警察のぶっちゃけトーク!「チヨダ」って、ナニ? 元警察官に聞く! 刑事ドラ …

元薬物中毒者 壮絶地獄の苦しみを語る by ねほりんぱほりん

元薬物中毒者 あの国民的元プロ野球選手も、あのカリスマミュージシャンも、その魔の …

今日使える雑学~会席料理のお椀に水滴がついてるのはなぜ??

お椀料理のフタに必ず水滴をつける理由が深すぎる件   和食のお椀料理に …

今日使える雑学~携帯電話から聞こえる声は、しゃっべている本人の声ではない。

普段よく使う携帯電話ですが、携帯電話から聞こえる声は「しゃっべている本人の声」で …

関西人のほうが外国語の習得がしやすい!?

あなたはどっち派?得するホンマでっか!? あなたは、生まれ変わるなら「関西人」が …