Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ヒトラーがオリンピックに聖火リレーを取り入れた真の理由

      2018/08/26

Sponsored link

オリンピックは「平和の祭典」と言われますが、常に軍事と深い関りを持ってきました。
42.195kmの距離を走るマラソン。

由来は紀元前490年、ギリシャ・アテネの戦争。
戦争に勝ったアテネ軍は、勝利を報告するために伝令を走らせましたが、その走った距離が42.195kmでした。

その戦いの名前が「マラトンの戦い」で、これを聞いた近代オリンピックの創設者・クーベルタン男爵が競技にするとして、現在のマラソンができました。
オリンピックには他にも、レスリング、ボクシング、ハンマー投げ、やり投げなど、戦争を連想させる競技が多いです。

聖火リレーを考案したのはヒトラーだった

オリンピックには聖火リレーがありますが、考案した人物をご存知でしょうか?
かの有名な、ナチスのヒトラーです。

1931年、次のオリンピックの開催地として決まったのが、ドイツ・ベルリン。
ヒトラーは、その2年後、ドイツの首相に任命されます。

ヒトラーは、当初オリンピックに対して、興味はありませんでした。
しかし、ある日彼はひらめきました。

「これはナチスの宣伝に大いに利用できる!」と。
ヒトラーは大金を投入して国内を整備し、オリンピックを大いに盛り上げることにしたのですが、その政策の一つが、それまでになかった「聖火リレー」でした。

ギリシャのオリンピアで点火した火を3000人でつなぐリレー。
「ブルガリア」「ユーゴスラビア」「ハンガリー」「オーストリア」「チェコスロバキア」を経て、「ドイツ・ベルリン」に到着。

聖火が到着した時、ベルリンの会場にいた10万人の観客が大盛り上がり!
聖火リレーによって、ナチス・ドイツを世界に知らせることに成功したのです。

しかし、ヒトラーの真の目的はそこではなかった!

その3年後、第二次世界大戦が勃発。
この大戦でドイツは、「チェコスロバキア」「オーストリア」「ハンガリー」「ユーゴスラビア」「ブルガリア」と、素早く侵攻します。

このルートを見て、気づきませんか?
ドイツが、聖火リレーのルートを逆に進んだということに。

つまり「聖火リレー」は、その後の大勢を見込んで、徹底的に外国を下調べするために行なったドイツの作戦だったのです。

ロシアのドーピングに隠された大国の事情

2016年・リオオリンピック開催前、世界的な事件がニュースとなりました。
ロシアにおけるドーピング事件です。

花形競技である陸上選手たちは、出場停止処分になりました。
このドーピング事件には、大国の事情が隠されていました。

Sponsored Link

リオ五輪での国別メダルランキングと2016年の世界軍事力ランキングを比較してみます。
【リオオリンピックメダル1位】 アメリカ 
【2016年軍事力ランキング1位】 アメリカ

【リオオリンピックメダル2位】 イギリス
【2016年軍事力ランキング2位】 ロシア

【リオオリンピックメダル3位】 中国
【2016年軍事力ランキング3位】 中国

【リオオリンピックメダル4位】 ロシア
【2016年軍事力ランキング4位】 インド

【リオオリンピックメダル5位】 ドイツ
【2016年軍事力ランキング5位】 フランス

【リオオリンピックメダル6位】 日本
【2016年軍事力ランキング6位】 イギリス

【リオオリンピックメダル7位】 フランス
【2016年軍事力ランキング7位】 日本

【リオオリンピックメダル8位】 韓国
【2016年軍事力ランキング8位】 トルコ

【リオオリンピックメダル9位】 イタリア
【2016年軍事力ランキング9位】 ドイツ

【リオオリンピックメダル10位】 オーストラリア
【2016年軍事力ランキング10位】 イタリア

この2つは、非常に類似していませんか?
8か国がリンクしています。

オリンピックは、庶民にとっては「平和の祭典・スポーツの祭典」です。
しかし、時の権力者にとってのオリンピックというのは、4年に1度行なわれる、互いの国の軍事力の比較のための大切な儀式なのです。

オリンピックで、毎年ぶっちぎりの1位であるアメリカ。
アメリカ1国の軍事力は、2位~10位を足した軍事力と変わりません。

オリンピックでも軍事力でも、ぶっちぎりの1位はアメリカなのです。

ロシアのドーピング……きっかけはバンクーバー冬季五輪

ロシアがドーピングに着手するきっかけとなったのは、2010年のバンクーバー冬季五輪の結果が原因。
冬季五輪を得意とするロシアですが、バンクーバー冬季オリンピックでは、金メダルがたった3個という無残な結果に。

4年後はソチで自国開催だというのにこれはマズイということで、一生懸命自国の選手を発掘して、伸ばして、なんとかソチ五輪では、金メダルランキング1位に。
しかし、たった4年でこんなに成果を上げることができるのでしょうか?

疑われても仕方ないと思われます。
調査の結果、ドーピング検査で陽性となった選手の多くは、2011年ごろから始めたと。

ソチ五輪の陰で行われたロシアの軍事行動

オリンピックで1位に輝いたロシアでしたが、実はその裏で、重大な事件を起こしていました。
「クリミア侵攻」です。
ロシアがクリミア自治共和国に対して行なう、軍事力による実効支配です。

大会中、ウクライナで騒動が起こったため、その騒動からクリミア半島を保護するという名目で、ロシアが静かに軍をクリミアに進めました。
各国がそれを非難するのですが、オリンピックの期間中、人質をとられているのと同然…。

オリンピック閉会後、ロシア系武装勢力はクリミアの議会を占拠。
その後クリミアは、ロシアに編入される形となりました。

このクリミア編入は、うやむやにされている日本の北方領土と似ていませんか?
2020年の東京オリンピックの舞台裏で、何かが起きるかも知れません。
あなたはこの話、信じますか?
[出典:2016年12月23日放送、「やりすぎ都市伝説 2016冬 4時間SP」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 歴史

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

あなたもゴーストライターになれるかも!?

有名人や文化人の本を代筆! ゴーストライターの仕事を大暴露! オファーはどうやっ …

意味を知れば 『へのかっぱ』日本語おもしろ語源豆知識 

時代とともに生まれ変わる日本語 へのかっぱ 「へのかっぱ【屁の河童】」とは、「容 …

今日使える雑学~読書通帳:今子供に大人気のアイテムとは

子ども達がつかっているこの通帳は何の通帳? ”全国で急増! 子どもが楽しむナゾの …

ハドソン川の奇跡の真実

旅客機事故で犠牲者ゼロ!ハドソン川の奇跡の真実   映画「ハドソン川の …

結婚のための心理学

「結婚のための心理学」メンタリストDaiGoプレゼンツ メンタリズムとは、統計や …

首都・東京に潜む危険!

首都・東京に潜む危険 東京オリンピックが2020年に決まり、今後一層盛り上がりを …

今日使える雑学~寝る時、真っ暗にする 少し明るくする どっちがよいか?

寝る時は「真っ暗派?」「少し明るく派?」 心理学・植木先生>>&gt …

スクールカースト日本の実態☆10代がヤバイ!

大人たちが知らない、とんでもない10代の世界 最近の10代は美しいのだろうか…… …

お家の掃除コツ 裏技大公開!

業界関係者Aさんに聞いた掃除の裏事情  雨上がりの「Aさんの話」~事情通に聞きま …

スマホブス!!スマホいじりが老け顔の原因だった!!

しょっちゅうスマホをいじっている人は「早く老け顔になる」 歯科医・是枝伸子先生は …