rakugochan

スポンサーリンク
古今亭志ん生(五代目)

★古今亭志ん生(五代目)井戸の茶碗

井戸の茶碗(いどのちゃわん)は古典落語の演目。井戸茶碗とは当時珍重された高麗茶碗の一種。講談「細川茶碗屋敷の由来」をもとにしたものとも言われている。講談では千代田は広島浅野家の家来だったが同僚の讒言で浪人するはめに。 が、茶碗の一件がきっか...
立川志の輔

★立川志の輔/井戸の茶碗

落語 立川志の輔 「井戸の茶碗」 最終版 あらすじ 正直者の屑屋の清兵衛が浪人、千代田卜斎から預かった仏像を、高木佐久左衛門が買い取った。煤けているのでぬるま湯で磨いたところ、台座の紙が破れて中から五十両の小判が出て来た。仏像は買ったが中の...
古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/井戸の茶碗

How To Win Endgames : Habu's Rule #7 あらすじ くず屋の清兵衛は曲がったことが大嫌い。人呼んで正直清兵衛。 ある日、みすぼらしいがどこか品のある若い娘さんに呼び止められる。 ついていくとそこ­は千代田卜斎...
スポンサーリンク
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)浮世床

落語 「浮世床」 三遊亭金馬 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。 古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。 上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。...
三遊亭圓遊(四代目)

★三遊亭圓遊(四代目)浮世床

露の五郎兵衛(二代目)

★露の五郎兵衛(二代目)浮世床

音源:昭和51年 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。 古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。 上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。 主な演者と...
三遊亭金馬(三代目)

★三遊亭金馬(三代目)花見の仇討

三代目 三遊亭金馬「花見の仇討ち」 あらすじ 花見の嗜好で仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。 二人の巡礼が上野の山で親の仇に出会って「やあ珍らしや、お主は親の仇、尋常に勝負しろ」「何をこしゃくな、返り討ちだ」と仇討ちの...
金原亭馬生(十代目)

★金原亭馬生(十代目)花見の仇討

柳家小さん(五代目)

★柳家小さん(五代目)花見の仇討

立川談志

★立川談志/花見の仇討

あらすじ 長屋の4人組の仲間。花見の趣向で見物人を驚かそうと、仇討ちを計画する。段取りはこうだ。 飛鳥山の桜の下で仇役の金さんが煙草を吸っている所へ、巡礼兄弟役のよしさんと吉さんがやって来て名乗りを上げ、仇討ちの立ち回りを始める。 まわりに...
春風亭柳枝(八代目)

★春風亭柳枝(八代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)癖百態(くせひゃくたい)【永久保存版】#177

雷門助六師匠の至芸まさにここにあり! この落語は動画でなければ伝わりませんね。 貴重な動画を共有させていただきました。
春風亭柳橋(六代目)

★春風亭柳橋(六代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)虱茶屋#259

プロフィール 8代目雷門 助六(1907年4月22日 - 1991年10月11日)は、東京都本郷出身の落語家、喜劇役者。 本名は岩田 喜多二(いわた きたじ)旧姓は青木。出囃子は『助六ばやし』。愛称は「六さん」。 父は6代目雷門助六。5歳だ...
雷門助六(八代目)

★雷門助六(八代目)代り目#70

夫が酒を飲んでいると、何かおつまみが欲しいと催促し始めた。怒りながらも優しい妻は、やむを得ず夫の好きなおでんを買いに出かけた。 ところが途中で財布を家に忘れてきたことに気付き、裏口から忍び戻り財布を取りに行く。 夫はいらいらしながらもおでん...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)位牌屋

落語 「位牌屋」 三遊亭圓生 あらすじ けちの赤螺(あかにし)屋に夕べ男の子が生まれた。 番頭が「おめでとうございます」というが、旦那はいろいろ金がかかり身代が減ってしまうと渋い顔。 番頭が今日はお祝いに味噌汁の実を入れてくださいというと、...
春風亭柳枝(八代目)

★春風亭柳枝(八代目)甲府い

町名と「縁」 東京の様々な町名がどのように「縁」を示しているかを説明します。例えば、浅草の地名がどのように縁を示しているか、また、その地名がどのように変化してきたかを話します。面白いエピソードを交えながら、町名がどのように人々の生活や文化と...
古今亭志ん朝

★古今亭志ん朝/甲府い

あらすじ 「ひもじさと寒さと恋と比ぶれば恥ずかしながらひもじさが先」と言いますが、空腹時には人間どうしよも無いようです。 豆腐屋の店先でおからを無断でつまみ食いしている青年がいた。 聞くと、 「甲府から身延山に出て一人前になれるように願掛け...
三笑亭可楽(八代目)

★三笑亭可楽(八代目)甲府い

落語 「甲府い」 八代目三笑亭可楽 あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二十になったので、江戸に出てひとかどの人間になり、育ての親に恩を返したいと、身延山に断ち物をして願を掛け、上京してきたが、生き...
三遊亭圓生(六代目)

★三遊亭圓生(六代目)五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれを承知で見世にあがった。 あがるとマッチ箱のような小さい部屋が並んでいて、その一つに通される。 薄暗い行灯が一つと枕元にたばこ盆があるだけの何の飾り気もない部屋...
スポンサーリンク