人気俳優のタイプ分け診断 YG(矢田部ギルフォード)性格検査

雑学・豆知識
スポンサーリンク

心理学で超豪華俳優陣を5つのタイプに分ける!!

タイプ分け診断

5つのタイプとは

心理学のスペシャリストが、4人の俳優の人間性を暴き出します。

診断するのは、心理評論家・植木理恵先生と、異常心理評論家の杉浦義典先生。

診断されるのは、小栗旬さん、高嶋政宏さん、向井理さん、山田孝之さんの4人。

「タイプ分け診断 心理学ですべての人間は5タイプに分けられる!!」で、矢田部ギルフォード性格検査(YG検査)を元に、ホンマでっかの出演者たちが分類されました。

5つのタイプ、まず一つ目は、「気配り上手なリーダー」デイレクタータイプ(安定・外交的)

出演者では、印象評論家の重太みゆきさん、環境学の武田邦彦先生、磯野貴理子さん、法律の堀井亜生先生、加藤綾子アナウンサー。

二つ目は、「カリスマ的な哲学者」カームタイプ(安定・内向的)

出演者では、生物学の池田清彦先生、ブラマヨの吉田敬さん、マツコ・デラックスさん。

三つ目は、「空気を変える破壊屋」ブラックリストタイプ(不安定・外交的)

出演者で言えば、心理学の植木理恵先生。

四つ目は、「自分大好き不思議ちゃん」エキセントリックタイプ(不安定・内向的)

出演者で言えば、経済評論家の門倉貴史先生、異常心理の杉浦義典先生、そして明石屋さんまさん。

最後は、「大いなる凡人」アベレージタイプ(平均的)

出演者で言えば、ブラマヨ・小杉竜一さん、島崎和歌子さん、医療のおおたわ史絵先生。

タイプ分け診断のポイント・・・

「自分がこう思う」の自己評価ではなく、周囲の人が見てどう思うか?の他者評価で診断します。

向井理、親しい人間が知る素顔とは!?

「理屈っぽい人」(小栗旬)。

元々、向井さんは理系で、遺伝子を研究していたと語る小栗さん。

興味を持ったことはとことん調べるそうです。

Q.知識をうんちくみたいに語りますか?(植田先生)

聞かれたら教えてあげたいと思うとか。

Q.向井さんのうんちくを聞いてどう思いますか?(杉浦先生)

「楽しいです。なるほどって」(小栗旬)。

「うんちく」で「楽しい」は、なかなか結びつかない。(杉浦先生)

「おしゃべりな人見知り」(マネージャー)。

すごい人見知りで、初対面の人には目も合わせられないそうです。

いったん仲良くなると、ぐっと距離が縮まるとか。

「チェンジアップ向井」(山田孝之)。

調子を崩してくる感じ。

みんなでわーっとやってても、笑いながら引いて見ていて、たまに突っ込んだりする。

「もし女性だったら、4人の中で誰と付き合う?」との質問に、2人が向井さんと付き合うと答えていました。

その2人は、小栗さんと山田さん。

「気遣いをしてくれて、色んなことを知っているから、デートしたら楽しいかな」(小栗旬)。

「リビングに一緒にいることを想像したら、お互い好きな時間を過ごせそう」(山田孝之)。

親しい人が知る「向井理」の素顔・・・。

■知識が豊富でうんちくを語る

■おしゃべりな人見知り

■慣れると距離感が短くなる

■人を観察するのが好き

■ハンサムで気遣いができる

「空気を変える破壊屋」ブラックリストタイプ

ブラックリストタイプ向井理さんは、「空気を変える破壊屋」ブラックリストタイプとして診断されました。

植木先生と同じタイプです。

「うんちくを語る」→楽しませるため、知識を他人に言う=外交的。

「うんちくを語る」→不安定。不安な部分を知識で固めたい。

「人を観察するのが好き」→自分の外に関心がある外交的な特徴。

【ブラックリストタイプとの付き合い方】

「自分の外に関心があり、刺激を受けたい」ので、なるべく周りが気にかけて構うことが大切。

ブラックリストタイプが組織に1人存在しないと、組織が伸びないので、必ず必要。

カッコ良く見える→他人からの見え方を気にする=外交的。

山田孝之、親しい人間が知る素顔とは!?

「毒を吐く」(向井理)

的を得たことをズバッとストレートに言う。

本質を見抜いてズバッと言う。

「行動が読めない」(小栗旬)

お酒が入ると、隣の人にいきなりプロレス技をかける。

サバイバルゲームにハマっていたとき、店をでてすぐ、木の陰に隠れて銃を構えたり・・。

Q.他人のマネではなく自分から行う?(植田先生)

僕発進じゃないです。

きっかけを作ってくれたことが嬉しくて・・・。

「ケイタリングで香辛料がある時、得意ではないのに、器が真っ赤になるまでかけ、辛さで顔を赤らめていた」(マネージャー)

辛いのに強くはないけど、好き。

「遅刻することに対して一切悪気がない」(小栗旬)

「もし女性だったら、4人の中で誰と付き合う?」との質問に、山田さんと付き合うと答えていたのが、向井さんと高嶋さんでした。

「価値観が自分と全然違うので、そこを楽しめるのではないか」(向井理)

マニアックな話を知っているから、新鮮な話ができる。

親しい人が知る「山田孝之」の素顔・・・。

■毒を吐く・観察力がある

■行動が読めない

■辛い物が好きだが弱い

■遅刻をしても悪気が無い

■独特な価値観を持っている

「気配り上手なリーダー」ディレクタータイプ

ディレクタータイプ山田孝之さんは、「気配り上手なリーダー」ディレクタータイプと診断されました。

ディレクタータイプは、自分の外に関心がある→外交的。

情緒が安定している→安定。

毒を吐くのが上手→周囲をよく観察=外交的。

辛い物が弱いのに食べる→精神的に不安定な人はできない。

不安定な人は、「明日出かけるのに腹痛は困る」と思って食べない。

辛い物でアドレナリンを上げたい→外に刺激を求める=外交的。

「アドレナリンを上げたい」という言葉は、外交的な人の特徴。

人の懐に入るのが上手い。

遅刻しても悪気なく堂々→精神が安定。

不安がある人ほど謝る。

【ディレクタータイプとの付き合い方】

自分に自信があり、押しが強い→意見を受け入れると喜ぶ。

自分に自信があり、押しが強い→指示する方なので、指示されるのが苦手な部分も。

高嶋政宏、親しい人間が知る素顔とは!?

「アブノーマルな世界観を持っている」(小栗旬)

ドラマの撮影が始まってすぐに、SMのムチを持ってきた。

戦国時代の話で、殺伐とする空気が和んでくれたらと思って・・・。

「スタッフが慌てるほど現場に早く入る」(マネージャー)

Q.お酒を飲んだ翌日も大丈夫?

どんな二日酔いでも、二日酔いじゃないと言い聞かせる。

寝てなくても、寝たと思う。

そうやって自己暗示をかけるそうです。

「ピーター・パン高嶋」(山田孝之)

ずっと少年のように常に新しい物を求める。

親しい人が知る「高嶋政宏」の素顔・・・。

■アブノーマルな世界観

■朝が強い

■少年のような心で探究心がある

「カリスマ的な哲学者」カームタイプ

カームタイプ高嶋政宏さんは、「カリスマ的な哲学者」カームタイプと診断されました。

カームタイプの特徴。

内向的→自分の世界観を持っている。

安定→情緒が安定している。

お酒を飲んだ翌日も自己暗示で遅刻しない→精神的に安定しているからできる。

お酒を飲んだ翌日も自己暗示で遅刻しない→自分の中に哲学がある=内向的。

コメントの分量が全員に対して同じ→精神が安定していないとできない。

自分の中に、独自の哲学・基準を持っている。

【カームタイプとの付き合い方】

自分の中に哲学・基準がある→おせっかいな事を言わない方が良い。

 

小栗旬、親しい人間が知る素顔とは!?

「希代の寂しがり屋」(向井理)

いつも誰かと一緒にいるイメージ。

自分の考えをみんなに伝えて、そのエネルギーでみんながついてくる。

「強引に人をくっつけたがる」(山田孝之)

自分の惚れた才能と才能が出会う瞬間を見ていると楽しい。

「この人と孝之会わせたい」って思っちゃう。

話しているときも、そもそも話を聞いていない。

「人を呼んで良い」とジャッジ下すのも、まだ早い。

いきなり香川真司を呼んで、会っても、こっちは「おおっ」と思っちゃう。

それを見て満足している小栗旬。

会わせたがるけど、その人たちが仲良くなると、機嫌悪くなる。

「自分が誘われなくなるのが嫌」。

高嶋さんは、ずっと同じ表情ですが、小栗さんは、興味のある時は顔を上げて、ない時は全く興味がない顔。

いつも、態度に出てしまうそうです。

Q.趣味はありますか?

最近は、絵を描くのが好き。

油絵で、色を重ねて重ねて・・・。

以前はファッションが好きだった。

「ナックルボール小栗」(山田孝之)

いきなりデカいバイク買ったり、豪快で、どこ行くかわかんない。

自分でもどこ行くか分かってない。

物事を深く考えたことがない。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の、どのホトトギスにも属さない。

旬くんは、「鳴かぬなら 鳴くホトトギスを探しに行こう」(山田孝之)

さんまさんは、「鳴かぬなら 俺が喋るぞ ホトトギス」。

親しい人が知る「小栗旬」の素顔・・・。

■すごい寂しがり屋

■強引に人を合わせ、それを見て喜ぶ

■興味のない事は態度に出る

■絵を描くことが好き

「自分大好き不思議ちゃん」エキセントリックタイプ

エキセントリックタイプ小栗旬さんは、「自分大好き不思議ちゃん」エキセントリックタイプと診断されました。

絵を描くと没頭でき、何も考えずに済む→普段、考え過ぎて情緒が不安定な傾向が。

芸術的な事が好き→内向的な人間に多い。

興味がない時は態度に出やすい→喜怒哀楽が表情に出る=不安定。

友だちをくっつけたがる→自分が満足して嬉しい=内向的。

【エキセントリックタイプとの付き合い方】

自分の世界を大事にしている→おせっかいは嫌いな傾向が。

しかし、放っておかれると寂しいので、構ってあげた方が良い。

多くの事を均等にする考えが苦手な傾向が→一つに特化して集中させると良い。

本物の織田信長は何タイプか!?

史実から想像すると、「空気を変える破壊屋」ブラックリストタイプ。

織田信長は新し物好きで、新しい制度・物品・文化を取り入れた→外交的な傾向が。

大うつけ者・延暦寺焼き討ち→情緒が不安定だった可能性が。

「エキセントリックタイプ」の武将は、明智光秀。

突然、裏切る行為→情緒が不安定で内向的だった可能性が。

「ディレクタータイプ」の武将は、豊臣秀吉。

下積みを経て天下を取り、海外へ進出→情緒が安定し、外交的だった可能性が。

「カームタイプ」の武将は、徳川家康。

自分の志を曲げずに待っていた→内向的で情緒が安定していた可能性が。

あなたは、どの武将タイプ?

[出典:2016年1月27日(水)「ホンマでっか!?TV 」]

本物の心理テスト12 [ 津田秀樹 ]

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

YG性格検査(矢田部ギルフォード性格診断)まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました