Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

【感動】飛び降りるか餓死か!? 120mの断崖絶壁でカオジロガン雛鳥の決断

      2019/07/17

Sponsored link

生後数日のヒナに課された究極の選択

150613_004

グリーンランド東部にあるスピッツベルゲン島・バヤゼムリャ島が繁殖地であるカオジロガン。
この鳥は、北極キツネなどの捕食者(天敵)から身を守るために、断崖絶壁の上に巣をつくる。
ヒナが生まれて数日すると、親鳥は崖の下へと飛び降りていく。そしてもう二度と崖の上に戻ることはないのだ……

厳しい自然界の掟

親鳥が飛び立った後に、ぽつんと残されたひな鳥。
もう親鳥からは、口移しで食事をもらえることもなければ、まわりに食料となる草一本も生えていない状況。
そのため、いたいけなヒナたちは、断崖絶壁から親鳥のもとへ《飛び降りるか》《餓死するか》の究極の二択を迫られることになるのだ!

150613_000おかあさん、なんでいっちゃうの?おなかすいたよう。おかさんのところに行きたいけど、こわいよ怖いよう~
[崖下のおかあさん鳥を見つめるひな]

 

150613_001120mの断崖絶壁 [雛目線カメラより]

Sponsored Link

ついに決死のジャンプ!

ヒナは本能的に親のあとを追う習性がある。
しかし孵化してから数日足らずのヒナであっても、反射的に飛び降りることはしない。
やはり危険ということを察知する本能のほうが強く、飛び降りることをためらう様子がみてとれる。

しかし、DNAに刻まれた本能には逆らえない。
ついにDNAのスイッチがオンになり、ヒナは意を決してジャンプする。

「かわいい子には旅をさせよ」とはいうものの、ヒトの場合、生後数日では旅をするどころかハイハイもできず頭がぐらんぐらんしてる状態だから、母親の庇護がなければ生きていけない。

しかし、多くの動物は生まれてまもなく本能的に生き残るための意志を持つ。

このひな鳥は、生存のための過酷な洗礼を受けなければならないのだ。

そしてついに、ヒナは過酷な生存競走のための第一歩を踏み出した!

150613_002

 

150613_003ああぁ……ヒナが、落ちていく、おちていく……

……この続きは動画で

それでは、このひな鳥の決死のダイビングの一部始終を、動画でご覧ください。

涙なくしてはみれません。

Daredevil Goslings Make a Terrifying Jump for Life
Greenland’s barnacle goslings undergo one of the most harrowing rites of passage of any creature on the planet. In order to reach the nourishing grassy plains below, the goslings must make a leap of faith and drop over 400ft from nests perched on towering cliff tops.

 

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 感動

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

学校の裏側…アナタの知らない禁断の世界

小・中・高のベテラン先生が、学校の裏側をぶっちゃける!(ジョブチューンより) 普 …

【感動】ゴルゴ松本 女子少年院で魂の授業

ゴルゴ松本 女子少年院で魂の授業 今回は女子少年院 少年院で言葉を熱く語る男、「 …

警視庁公安部の秘密組織ZERO-日本赤軍重信房子逮捕までの軌跡

実録!!日本警察の秘密組織…極秘捜査官ZERO 「日本赤軍逮捕」 2000年11 …

中野瑠美さん出演TV!!かつて刑務所生活に入っていたオンナたち まとめ

ダウンタウンなう:かつて刑務所に入っていたオンナたち この番組は、特殊な人生経験 …

【閲覧注意】 覚醒剤麻薬中毒者の顔!禁断症状は地獄の苦しみ【ダメ。ゼッタイ。】

元麻薬取締官が教える!薬物汚染の恐るべき実態! 元プロ野球選手・清原和博容疑者の …

【感動】新人メジャーリーガーと難病少女の約束

新人メジャーリーガーと少女の約束ホームラン 松井秀喜も見ていた奇跡 松井秀喜やイ …

日本史上最も有名な怖い女性ランキング! The 歴史人物ミステリー

日本史ミステリー 歴史上の人物で一番怖い女性は誰? 歴史を作ってきたのは常に男性 …

独裁国家のどこが悪い! 国民みーんな幸せ♥な君主制国家

北朝鮮・シリアだけじゃない!!いま注目すべき独裁国家 今 注目すべき独裁体制の国 …

島田洋七の現在|漫才ブームの頂点を極めた男の栄光と転落人生

  島田洋七の栄光から没落 [しくじり先生 俺みたいになるな] まとめ …

スーパーセルとは?超巨大積乱雲を画像と動画で観察する

【雑学・豆知識】スーパーセルとは スーパーセル(supercell)とは 回転す …