Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

北朝鮮で最も怖い処刑方法とは!?

   

Sponsored link

北朝鮮で一番怖い処刑とは!?

独裁国家「北朝鮮」の裏側

北朝鮮でタブーになっている言葉とは?

2

元毎日新聞社ソウル特派員として北朝鮮情報をスクープしてきた、

重村智計さんにお話しを伺いました。

実は現在、北朝鮮国内でタブーになっている言葉があります。

北朝鮮では、街の中で

「金正恩」の名前を言った途端捕まります。

「何か悪口言ってるんじゃないか」と疑われてしまいます。

金正恩さんについて語る時には「最高尊厳」と言います。

「偉大なる金正恩」と言っても危なく、「刈り上げ」なんて言ったら処刑ですね。

金正恩さんと言えば、独特な髪形が印象的ですが、

この髪形は一説には、初代最高指導者 金日成氏の髪型を真似しているとも言われています。

3

北朝鮮をはじめ、東アジア問題に詳しい、講談社「週刊現代」編集次長、

近藤大介さんによると、

あれは、韓国政府の分析によると、金正恩第一書記がストレスで白髪とハゲが出来ていると言います。

特にサイドの白髪がどうしようもないので、カットして髪の毛を赤く染めていると言うのです。

近藤さんによると、正恩氏が現在の髪形にするにあたり、国内にある指令が出たと言います。

正恩政権が出した髪形にまつわる指令とは?

まず、教師に向けて、この髪形は覇気が出る「覇気カット」だと、

「男性教師は全員、この髪形にせよ」と言い、正恩氏本人も、この髪形にし始めたそうなのです。

今、男性教師は全員この髪形なのです。

そんな正恩氏と言えば、就任からわずか3年半の間に、幹部を約70名を処刑するなど正に、恐怖政治を地でいく政権。

その処刑方法も銃殺だけでなく、「犬に食べさせた」など、残虐な手段も報じられています。

Sponsored Link

北朝鮮で現在、最も恐れられている処刑方法とは?

意外なことに銃殺刑とかではありません。

銃殺刑の場合、ある意味、苦しまずに死ぬことができるからです。

今1番怖いのは、「地方送り」なんです。

殺さずに、「この町に行け」と地方にやるのです。

例えば「会寧に行け」とか言われ、中国と北朝鮮の国境の町で降されるのです。

お金もない、服もない、働く所もない、冬ならば野たれ死ぬしかないのです。

冬になると、公務員で1番忙しいのは遺体を片づける公務員だそうです。

銃殺は弾を使うのでもったいないのです。

粛清される理由として、国家転覆を企てた罪や、わいせつ物の制作・販売した罪など様々な罪状で処刑されます。

そして最近では、ある物を持っているだけで粛清の対象になるそうなのですが……

持っているだけで粛清の対象になる”ある物”とは?

最近あるのは、韓国製のドラマを観てたとか……そういうのも粛清の対象になります。

ひと昔前までは、中国に家族がいる朝鮮族、USBを中国に持っていって韓流ドラマをいっぱい入れて観るのが一番有り難がられたのですが、

今は、USBを持っていると、韓流ドラマ所持の疑惑をかけられ、粛清の対象になることもあるんだとか。

そんな取り締まりの厳しい正恩政権が発足したのは、2011年で、28歳の若さで、最高指導者の座に就いて以降、巨大プールやスキー場など、複合施設の建設が相次ぎました。

その背景には、若くしてトップになってしまった正恩氏ならではの裏事情があると言います。

建設ラッシュの背景にある正恩氏の裏事情とは?

9

北朝鮮の場合、指導者に偉大な業績が必要で金日成氏は国を建て、金正日氏はいろんな
建築をしたということになっています。

正恩氏の場合は、新しい大きな業績が何もないので、その業績作りに懸命なのです。

結局、業績がないと、ミサイルを打つ、あるいは核実験をするなど、それを業績にしようとするわけです。

(了)

[出典:2015年11月19日(木)放送「ヨソで言わんとい亭」]

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, 社会

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

頭は冷やすな!間違いだらけの風邪対処&予防法

常識だと思っていたカゼ対策 実は間違い!? 正しい対処法&予防法 『無理して汗を …

生まれ順でわかる子どものタイプ 性格・知能・健康・成功

生まれ順で人生は変わるのか!? 第一子・真ん中っ子・末っ子・一人っ子に分けられる …

スマホブス!!スマホいじりが老け顔の原因だった!!

しょっちゅうスマホをいじっている人は「早く老け顔になる」 歯科医・是枝伸子先生は …

世界を制する脅威のインドの話(やりすぎ都市伝説SP 2017秋)

武井壮プレゼンツ「世界を制する脅威のインド」 武井壮曰く「世界超大国となる国、そ …

安岡正篤~昭和を裏で操った男の無力有名の生涯

昭和史を裏で動かした謎の人物 総理の陰の実力者 戦後70年、日本を動かしてきたの …

親指を動かして認知症予防!!長谷川嘉哉先生 親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす

認知症予防に効果的なのは「親指を動かすこと」 長谷川嘉哉先生は、認知症専門医とし …

今日使える雑学~観光バスの号車はなぜ数字の大きい方から先に走るのか

観光バス1号車から順番に走らない理由 観光バスは、ほとんどの場合、正面に学校名や …

今日使える雑学~お年寄りにやさしい信号のある街

和歌山県にあるお年寄りにやさしい信号機とは? 和歌山県は、65歳以上の方の割合が …

今後の地震予想・予知・発生確率 全国地震動予測地図 2014年版

2014年度全国地震動予測地図発表【地震調査委員会】 今後30年以内に、震度6弱 …

今日使える雑学~『じっと待つのだぞ』 ハシビロコウの生態

ハシビロコウが飼育員にとるやさしい行動とは? ハシビロコウという、主にアフリカに …