Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

男はつらいよ 第1作 ネタバレあらすじ結末・キャスト・登場人物相関図

   

Sponsored link

torasan01

第1作 1969年(昭和44年)8月27日公開

ナレーション
桜が咲いております。懐かしい葛飾の桜が今年も咲いております。
思い起こせば二十年前、つまらないことで親父と大喧嘩、頭を血の出るほどブン殴られて、そのまんまプイッと家をおん出て、一生帰らない覚悟でおりましたものの、花の咲く頃になると決まって思い出すのは故郷のこと、ガキの時分、鼻垂れ仲間を相手に暴れ回った水元公園や、江戸川の土手、帝釈様の境内のことでございました。
風の便りに二親も秀才の兄貴も死んじまって、今はたった一人の妹だけが生きていることは知っておりましたが、どうしても帰る気になれず、今日の今日までこうしてご無沙汰に打ち過ぎてしまいましたが、今こうして、江戸川の土手の上に立って、生れ故郷を眺めておりますと、何やら胸の奥がポッポッと火照って来るような気が致します。そうです、私の故郷と申しますのは東京、葛飾の柴又でございます……

テレビ版 男はつらいよ(1968年[昭和43年]~1969年)

『男はつらいよ』は最初、フジテレビが制作・放送したテレビドラマで、舞台は葛飾柴又の帝釈天ではありまんせんでした。
このテレビ版はヒットしたのですが、最終話でハブ酒を作ってひと儲けしようとした寅次郎が、奄美大島にハブを取りに行って逆にハブに咬まれ、毒が回り死んだという結末に視聴者から多数の抗議が殺到し、寅さんをもう一度!という熱望に山田洋次監督自ら企画・映画化につながったというエピソードがあります。

テレビドラマ版「男はつらいよ」 [DVD]渥美清 松竹 2008-08-27
売り上げランキング : 30122

by ヨメレバ

キャスト・登場人物

  • 車寅次郎:渥美清(41)
  • さくら:倍賞千恵子(28)
  • 車竜造:森川信(57)
  • 車つね:三崎千恵子(49)
  • 諏訪博:前田吟(25)
  • タコ社長:太宰久雄(46)
  • 源公:佐藤蛾次郎(25)
  • 川又登:津坂匡章(秋野太作)(26)
  • 御前様:笠智衆(65)
  • 諏訪飇一郎(ひょういちろう):志村喬(64)
  • 結婚式の司会者:関敬六(41)
  • 鎌倉道男(さくらの見合い相手):広川太一郎

マドンナ:光本幸子/坪内冬子(御前様の娘・寅さんの幼馴染・あだ名は出目金、当時26歳)

mitumoto

新派を代表する女優、映画はこれが初出演となった。
「男はつらいよ」シリーズのほかに、『隠し剣 鬼の爪』(2004年・伊勢屋のおかみ役)で山田洋次映画に久々に出演。

あらすじ(ネタバレ注意)

柴又は庚申祭の真っ只中。そこへ、家出していた寅さんが故郷柴又に20年振りに帰ってきた。寅さんは御前様、おいちゃん、おばちゃん、そしてたった一人の血の繋がった妹さくらとの涙の再会を果たす。
さくらの職場(オリエンタル電気)の部長の薦めから、取引先の社長の息子とさくらとの玉の輿の見合の日の翌朝。大事な日だというのにおいちゃんは二日酔いでダウンしてしまった。そこで寅さんが、さくらの付き添い役の予定だったおいちゃんに変わって付き添うことになる。見合の席上、緊張していた寅さんだが、酒が入ると調子に乗って余計なことを言い放ち、せっかくの見合の雰囲気をぶち壊してしまった。

後日、さくらは上司から先方が縁談を断ってきたことを聞かされこれに怒ったおいちゃんは、調子付いている寅さんと大喧嘩、隣の朝日印刷の工員である諏訪博が止めに入るという大乱闘。翌朝、寅さんは置き手紙を残し故郷柴又を去ることに。

一ヶ月もしたある日、御前様の娘の坪内冬子から一通の手紙が『とらや』へ届いた。奈良を父親(御前様)に案内している最中に偶然、寅さん会ったという。幼馴染の冬子に対して恋心を抱く寅さんは彼等に引っ付いて柴又に帰ってきた。

その頃、隣の印刷工の博はさくらへ恋心を抱いていたが、大学出でなければ嫁にはやれないと言い放つ寅さんとの溝は深まるばかり。真剣な博の気持ちを読み取った寅さんは、なんとか二人の間を取り持とうとするが、早合点で勘違いをしてしまい、博にさくらにはその気がないのであきらめるように勧める。

ショックの覚めやらない博は、さくらへ思いを告げ、そのまま工場を出ていってしまった。全てが誤解であったことを知ったさくらは、博の後を追いかけて、自分も博を愛していることを告げる。

博とさくらの結婚式(於:川千家(かわちや))
喧嘩別れをしていた博の両親が8年振りに目の前に姿を現す。皆の予想に反し、博の父親の挨拶は感謝と慈愛の念が篭っていた。

感動する博、涙する面々。この日、互いのわだかまりは消えた。
冬子は、さくらが結婚したことで寅次郎が寂しがっているだろうと配慮し、寅次郎と遊びに出かける。しかし、楽しい日々はそう続かない。冬子の結婚相手に出くわしてしまった寅さんは全てを悟り失恋、再び旅に出るのであった……

ロケ地

ホテルニューオータニ(千代田区)
奈良県・ 京都府
大井オートレース場・蒲田

⇒ 男はつらいよ全話一覧

全話主要キャスト一覧・人物相関図

Sponsored Link

 - 男はつらいよ , , , ,

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

男はつらいよ 第12作 私の寅さん あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第12作 1973年(昭和48年)12月26日公開 キャスト・登場人物 車寅次郎 …

男はつらいよ 第10作 寅次郎夢枕 あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第10作 1972年(昭和47)12月29日 キャスト・登場人物 車寅次郎:渥美 …

★男はつらいよ 第9作 柴又慕情 あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第9作 1972年(昭和47年)8月5日公開  キャスト・登場人物 車寅次郎: …

男はつらいよ 第8作 寅次郎恋歌 あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第8作 1971年(昭和46年)12月29日公開 キャスト・登場人物 車寅次郎: …

男はつらいよ 第5作 望郷篇 あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第5作 1970年(昭和45年)8月26日公開 キャスト・登場人物 車寅次郎:渥 …

続・男はつらいよ 第2作 ネタバレあらすじ結末・キャスト・登場人物相関図

第2作 1969年(昭和44年)11月15日公開 ナレーション もしや、あなたは …

新・男はつらいよ 第4作 ネタバレあらすじ結末・キャスト・登場人物相関図(小林俊一監督作品)

第4作 1970年(昭和45年)2月27日公開 キャスト・登場人物 車寅次郎:渥 …

続続・男はつらいよ フーテンの寅 第3作 ネタバレあらすじ結末・キャスト・登場人物相関図(森崎東監督作品)

第3作 1970年(昭和45年)1月15日公開 キャスト・登場人物 車寅次郎:渥 …

男はつらいよ キャスト・データベース【出演者登場人物相関図】

車家・寅さんにまつわる人々 車寅次郎:渥美清(あつみきよし) 1928年(昭和3 …

男はつらいよ 第7作 奮闘篇 あらすじ・キャスト・登場人物相関図

第7作 1971年(昭和46年)4月28日公開 冒頭ナレーション 『冬来たりなば …