Writerzlab

ライターズラボ ★ 知的快感!ポータルサイト

*

ヴァンタブラック(Vantablack)で作った服が販売されない理由を動画で検証

   

Sponsored link

まるでブラックホールのようなベンタブラック(ヴァンタブラック)

Vantablack

[出典:POPULAR SCIENCE http://www.popsci.com/only-one-artist-can-use-blackest-material-in-world]

はじめて、Vantablackを見たひとは、そのあまりの違和感に、ちょっと戸惑うのではないでしょうか。
僕も初めてみたときは、戦時中の墨塗り教科書を連想しました。(使ったことないけど)
まるで画像の一部を黒で塗りつぶしているようにしか見えませんよね。

Vantablack

 

ヴァンタブラックは、墨の黒さとは比較にならないほどの真っ黒くろすけなんですね。

【以下引用します】

「世界一黒い物質」、英企業が開発
英ロンドン郊外で開催中のファーンボロー国際航空ショーに出展され、話題を呼んでいる黒い物質。

英企業が開発した「世界で最も黒い物質」はまるでブラックホールのように光を吸い込み、それで覆われた物体の形状を人間の目で見分けることはできない。

「ベンタブラック」と名付けられたこの物質は光の99.96%を吸収する。
黒い塗料や布地などに見られる通常の黒色は吸収率が95~98%。

開発元のサリー・ナノシステムズ社によれば、英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所で試験されたなかで最も黒い物質だという。

ベンタブラックは直径2~3ナノメートル(ナノは10億分の1)の多数のカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)からできており、アルミホイル上で生成される。

ホイルだけのときは目に付く表面のしわも、ベンタブラックに覆われるとまるで消えてしまったかのように識別できなくなる。

「穴のようだと言う人もいる。ホイル上のでこぼこを識別するのに必要なだけの光が文字通り出てこないから」と、同社のスティーブ・ノーザム氏は言う。
[出典:CNN.co.jp]

 

光をほとんど吸収するので(反射しないので)凸凹が見えなくなってしまうんですね。

 

驚愕の光吸収実験!

照射された光が見えなくなるマジックのなようなシーンです。

2014年に開発されたヴァンタブラックですが、2016年現在さらに光の吸収率を高める実験を進めているそうです。

 

ブラックがあるなら、ホワイトがあってもいいじゃない?

「ヴァンタブラック」があるのなら「ヴァンタホワイト」があってもいいじゃない?

って、思うのはいつまでも少年の心を忘れない人が考えることです。

では、光をほぼ100%近く反射する白ってあるのでしょうか?

はい!
ありましたありました。(ググりました)

白は、全ての色の可視光線が乱反射されたときに、その物体の表面を見た人間が知覚する色である。
無彩色で、膨張色である。

100%の反射率を持った「理想的な白色」の物体は実在しない。
現在、ほぼ理想的な白色物質として利用されているのが酸化マグネシウムや硫酸バリウムであり、これらは可視光線のほぼ全領域にわたって99%以上の反射率を示す良好な白色素材である。
工業的にはチタン白・二酸化チタンが多用される。鉛白は油絵具に使われる。

[出典:wikipedia]

なるほど、白は乱反射された光を見た時の色なんですね。

141211_002

と、いうことで、ヴァンタホワイトは、二酸化チタンあたりに該当するようです。
白塗りすると白さが映えて、いいそうです。

 

150104_006

 

Sponsored Link

ヴァンタブラック技術を応用した商品

これの技術を服に応用したらどうだろうか?
そう、考える商人(あきんど)たちは多いに違いない。

そんな質問を開発者にしてみたところ、秒速で却下されたようだ。
ボール紙の切り抜きみたいに見えるでしょう、と開発者のノーザム氏は語る。

想像図。こんなかんじらしい。

141211_005

ううむ……
所長がつくったコラージュがあまりにも下手くそなので、なんとも言えないけれど
頭部と腕、脚がだけが三次元で、ドレスは二次元的な感じになるのでしょうねえ……

たしかに、おかしな感じがします。

イメージに近いのはこんな感じでしょうか。(全身黒塗りもおかしいけど)

kagee

 

ヴァンタブラックは、不必要な光を抑制することによって性能が向上するもの……

たとえば空撮カメラや宇宙望遠鏡、赤外線スキャンシステム、などへの応用が考えられているそうです。

 

※2015年01月17日初稿~2016年03月14日 Vantablackの日本語表記と記事の一部変更及び最新情報追記更新しました。

Sponsored Link

 - 雑学・豆知識, テクノロジー

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「女性で失敗する男」診断

女性で失敗するのはどんな男? 現代の男女を「肉食女子に草食男子」と誰かが言ってま …

時間の使い方が上手い人下手な人・究極の時間管理術

知って得する時間の使い方 仕事に家事にと、なにかと忙しい日々を過ごす現代人にとっ …

今日使える雑学~学校給食メニューが貼られているスーパーがある。

  中部地方のスーパー「ピアゴ」の店内掲示板には、学校給食の献立表が貼 …

猫が「愛される理由」を科学的に分析した結果は!?

猫が愛される理由は何なのか、と科学的に分析した結果です。 猫はなぜ「かわいい」の …

動物園を100倍楽しむ知識 シマウマの地肌は縞模様ではなく【実は黒色】

生物学 池田先生「動物園を100倍楽しむ知識」第6弾 パンダの飼育数日本一の和歌 …

やる気全開!ドーパミンをドバドバ増やす方法・出し方

快楽物質ドーパミンの効果 成績アップ!ダイエットも! 快楽物質ドーパミンってご存 …

クレイジーダイヤモンド錯視とは?(陰影付きダイヤモンド錯覚)

菱型がキレイに並んでいる上の画像、上から下にかけて次第に色が薄くなっているように …

今日使える雑学~ラーメンの麺|ちぢれ麺 vs ストレート麺|どっちが得か考えてみよう。

ラーメンの麺は「ちぢれ麺派?」「ストレート麺派?」 ★ストレート麺の方が、スープ …

今日使える雑学~お風呂のお湯温度の秘密|熱めがいいかぬるめがいいか…それが問題だ。

熱めのお風呂は脳の若返りにも繋がる 熱めのお風呂は人に快感をもたらします。 熱め …

女の潜在能力の脅威!

女の潜在能力×女性評論家   女の直感は生まれたときから備わっている!? 認知科 …